神戸市立科学技術高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神戸市立科学技術高等学校
Kobe Municipal High School of Science and Technology.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 神戸市の旗 神戸市
併合学校 神戸市立神戸工業高等学校
神戸市立御影工業高等学校
設立年月日 2004年4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 機械工学科
電気情報工学科
都市工学科
科学工学科
学期 3学期制
高校コード 28283K
所在地 651-0072
兵庫県神戸市中央区脇浜町1-4-70
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

神戸市立科学技術高等学校(こうべしりつかがくぎじゅつこうとうがっこう)は、兵庫県神戸市中央区に所在する市立の工業高等学校である。

概要[編集]

校名は「科技高」と略されることが多いが、全国に複数存在する科学技術高校のほとんどが「科技高」と称されるため注意が必要である。全国大会などでは混同を避けるため便宜的に「神戸科技(高)」などと略される。全校生徒は約1,200名である。2004年に新設され、2006年4月に1~3学年までの全学年がそろった。

校舎は、神戸市立神戸工科高等学校と兼用している。設備面では、クーラーエレベーターなどもあり恵まれている。甲南大学立命館大学と高大連携が進んでおり、インターンシップも盛んである。

また、部活動が非常にさかんで、多くの運動部が県の高い水準にあり近畿・全国大会などでも活躍している。サッカーの全国大会では「神戸科学技術」のチーム名で出場した。2009年インターハイではサッカー部がベスト8に入った。

当校南側の神戸臨港線跡に整備された遊歩道の約200メートルにミニSL用の線路が敷設されており、同校の前身である神戸工業高等学校の交通工学クラブが制作したミニSLが現在、鉄道研究会によって車両の管理・運転されることとなっていたが、同研究会のOB会らにミニSLを同研究会が貸与しているが、事実上の運行停止に追い込まれている。現在でも会員が保線を不定期に行っているが、遊歩道の桜の枝や根が線路上に侵入し、遊歩道の管理者と連携がとれないため整備ができず、線路状態は良好とは言えない。

2018年に、高等学校では日本で唯一の防災士研修教育機関として認定された。

設置学科[編集]

  • 機械工学科
  • 電気情報工学科
  • 都市工学科
  • 科学工学科

沿革[編集]

2004年4月、神戸市立神戸工業高等学校神戸市立御影工業高等学校が統合して開校。2006年4月に、1-3年生までの3学年がそろった。

交通機関[編集]

新幹線利用の場合は新神戸駅で下車後、神戸市営地下鉄新神戸駅三宮駅、JR三ノ宮駅→JR灘駅。
新神戸駅よりタクシーを利用する場合、所要時間約5~10分で到着し、740円~820円。

部活動[編集]

運動系

  • 硬式野球
  • サッカー
  • 陸上競技
  • ハンドボール (男・女)
  • ソフトテニス
  • 硬式テニス
  • 弓道
  • 水泳
  • バスケット
  • バレーボール
  • 柔道
  • 剣道
  • 空手
  • 卓球
  • ラグビー
  • ボクシング
  • ボート
  • 山岳

文化系

  • 美術
  • 放送
  • 情報メディア
  • 書道
  • コンピューター
  • 機械工作
  • 生活科学研究会
  • 茶華道
  • ブラスバンド

ものづくり系

  • 木工研究会
  • バイオ研究会
  • 科学技術研究会
  • 電子回路研究会
  • 都市工学研究会(旧都市模型研究会)
  • 電気工事研究会
  • 鉄道車両研究会
  • 空飛ぶ車いす研究会

歴代校長[編集]

  • 第1代目 常本 明(2004年4月 - 2006年3月)
  • 第2代目 川崎 正幸(2006年4月 - 2009年3月)
  • 第3代目 北田 哲 (2009年4月 - 2012年3月)
  • 第4代目 橋本 基宏 (2012年4月 - 2015年3月)
  • 第5代目 井町 豊志 (2016年4月 - )

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]