神戸精養軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社神戸精養軒
K.K. Kobe seiyoken
Kobe-Seiyo-ken-Ⅲ.jpg
神戸精養軒外観
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
657-0817
兵庫県神戸市灘区上野通7丁目4番17号
設立 1972年
業種 サービス業
事業内容 レストランの運営
代表者 代表取締役社長 井上 康司
関係する人物 井上弥枝子(創業者)
外部リンク 神戸精養軒
特記事項:2015年「ひょうごの匠」受賞(井上康司)
テンプレートを表示

神戸精養軒(こうべせいようけん)は、六甲山麓の 神戸市灘区上野通7丁目にある1972年昭和47年)創業の西洋料理店(フランス料理)。本店での営業のほか、兵庫県立神戸高等学校内のレストラン料理の監修や調理も担当する。また、高島屋(東京日本橋店、大阪難波店)など百貨店でのレトルト食品の販売も行っている[1][2][3]

概要[編集]

1972年に創業者の井上弥枝子が、現在の六甲山麓の地に開業。弟である浅草の生まれの井上康司が、東京ホテルや日本におけるフランス料理店の草分けである上野精養軒、その他名店でフランス料理の修業、腕を磨いた後、料理長として就任[4][3]

当時、店舗の周辺は現在のように開発されておらず商売には不向きな上、関東の味が神戸で受け入れられるかなど不明な中での出発だったが、料理長の井上康司が「健康」と「幸福」をテーマに、様々な食材とそれに呼応した調理技術を確立、和風なアレンジを加えたことなどから広く神戸市民に受け入れられるようになった[4]。井上は神戸フランス料理研究会の会長を歴任し、神戸のフレンチ業界の重鎮でもある[5][6]。現在は2代目の井上康信が跡を継ぐ。創業以来のデミグラスソースに定評があり、丹波産の黒豆を使用したドレッシングなどとともに百貨店でも販売されている。その後、真空調理やジュレソースなど新技術も取入れた創作料理を開発、現在に至る[4]。例年、灘区総合芸術祭[1]にも協賛している[7]

井上康司[編集]

  • 現社長の井上康司は平成18年度神戸市技能功労者、全日本厨子協会平成23年度協会表彰総本部会長賞受賞などの受賞歴のほか、神戸市保健福祉局と神戸スローフード協会が主催する「神戸食育フェア」など料理体験の講師などとしても活動している[8]
  • 2015年4月30日には全日本司厨士協会兵庫県本部理事や神戸フランス料理研究会顧問などを務めたことや、料理界で後進の指導に熱心であったこと、兵庫県立神戸高等学校の家庭科実習での講師を務めたことなどが評価され、「ひょうごの匠」に認定された[9][10][3]

所在地[編集]

神戸精養軒看板

本店

  • 兵庫県神戸市灘区上野通7丁目4番17号

神戸高校内レストラン

  • 兵庫県神戸市灘区城の下通一丁目5番1号 神戸高校内

脚注[編集]

  1. ^ 神戸精養軒公式サイト(精養軒について)
  2. ^ 商品プロデュース
  3. ^ a b c 神戸精養軒ニュース「神戸精養軒代表取締役社長、井上康司がこの度「ひょうごの匠」を受賞」
  4. ^ a b c 神戸っ子アーカイブ あの時の神戸 お好きな年代へ ぶらり私のKOBE散歩 Vol.12
  5. ^ ラジオ日本公式サイト
  6. ^ 全商連公式サイト
  7. ^ 第4回灘区総合芸術祭
  8. ^ 神戸スローフード協会NEWS「神戸食育フェア」
  9. ^ 兵庫県公式サイト 平成27年度「ひょうごの匠」認定式の実施について
  10. ^ 神戸新聞2015/5/1 07:00「ひょうごの匠」に12職種29人 神戸で認定式

関連項目[編集]

参考サイト[編集]