神戸高速線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

神戸高速線(こうべこうそくせん)は、神戸高速鉄道第三種鉄道事業者として所有し、阪神電気鉄道阪急電鉄神戸電鉄第二種鉄道事業者として運行する鉄道路線。かつては山陽電気鉄道も第二種鉄道事業者として運行しており、各社が営業上の路線名として「神戸高速線」の名称を用いている。本項では各社の路線の共通事項を中心に説明する。

概要[編集]

神戸高速鉄道は旧・地方鉄道法時代の1968年に営業を開始した鉄道会社であるが、設立の経緯から当初より鉄道車両と乗務員を自社で用意せず、鉄道施設(線路や電気設備、駅施設など)のみを整備した上で、阪神電気鉄道・阪急電鉄・山陽電気鉄道・神戸電鉄の4社(以下、乗り入れ4社)の車両・乗務員による列車運行の管理を行うという営業手法を執っていた。

1987年4月1日鉄道事業法が施行されると、鉄道事業者は施設を保有し自ら運行を行う「第一種鉄道事業者」、施設は保有せず列車運行と施設管理のみを行う「第二種鉄道事業者」、施設のみ保有する「第三種鉄道事業者」に分類されることになったが、第一種鉄道事業の認可を希望した神戸高速鉄道に対し運輸省が「車両と乗務員をもっぱら借り受けている」ことを理由にこれを認めなかったため、従前の営業方法を継続する方策として、神戸高速鉄道が第三種鉄道事業を、乗り入れ4社が第二種鉄道事業の免許をそれぞれ取得し、乗り入れ4社が鉄道施設と駅設備の管理を神戸高速鉄道に委託することになった。このときに、乗り入れ4社が第二種鉄道事業の路線名として共通で申請した路線名が「神戸高速線」である。運賃設定にあたっては乗り入れ4社が各社の他路線と独立した運賃体系とし、各社の「神戸高速線」を跨いで乗り継いでも共通の運賃としたこと、さらに各社間の精算にあたっては乗り入れ4社の運賃相当額を委託料として神戸高速鉄道が受け取る形態としたことで、営業面では神戸高速鉄道が路線管理の責任を追うとともに、第一種鉄道事業相当の運賃収入を得ることになって、従前からと共通の取り扱いがなされた。

2010年9月30日をもって神戸高速鉄道への委託を終え、また同時に山陽電気鉄道が神戸高速線全区間の第二種鉄道事業免許を廃止、阪急電鉄が新開地 - 西代間の神戸高速線を廃止(現在も阪神・阪急で重複している高速神戸 - 新開地間を除き神戸高速鉄道東西線における第二種鉄道事業者同士の重複を解消)したことで、現在では、阪神電気鉄道・阪急電鉄・神戸電鉄の3社が、下記の区間について神戸高速鉄道より施設を借り受けて営業を行っている。ただし、運賃体系は従前の取扱いを継続している。

第二種鉄道事業路線の区間[編集]

神戸高速線の路線図。青色が阪神神戸高速線、茶色が阪急神戸高速線、赤色が神戸電鉄神戸高速線。

廃止された第二種鉄道事業路線の区間[編集]

  • 阪急電鉄 神戸高速線 - 神戸高速鉄道東西線(新開地 - 西代)
  • 山陽電気鉄道 神戸高速線 - 神戸高速鉄道東西線(元町 - 西代、阪急神戸三宮 - 高速神戸)

運賃[編集]

上記概要のとおり、歴史的経緯から、神戸高速線については「神戸高速」(神高・KK)として、阪神・阪急・神鉄各社の他線とは独立した運賃体系をとっている。

大人普通旅客運賃(小児は半額・10円未満切り上げ)。2019年10月1日現在[3]
西代
130 高速長田
130 130 大開
130 130 130 新開地
150 130 130 130 高速神戸
150 150 130 130 130 花隈
150 150 150 130 130 130 神戸三宮
150 150 130 130 130 130 130 西元町
150 150 150 130 130 130 150 130 元町
150 130 130 130 130 130 150 130 130 湊川
  • 神戸三宮駅は阪急・阪神とも共通で同一駅扱い(ただし、上表の神戸三宮 - 元町・西元町間の運賃は阪急発着・高速神戸駅経由の運賃)。
  • キロ程 1〜3 kmを1区運賃、4〜6 kmを2区運賃としている。
  • 阪神本線と神戸高速線の境界は元町駅であるが、連絡運賃は阪神神戸三宮駅を境にして両線の運賃を合算する。

乗継割引[編集]

以下の乗継割引制度が設定されている[4]。運賃が上昇している一方で割引額は開業当初から大きな変更がなく、今では割引を実感しにくくなっていることも指摘されている経緯から、阪急阪神ホールディングスは、神戸市保有の株式取得後に運賃引き下げをすることを検討していると報じられた[5]が、結果的に割引額の変更は行われていない。

  • 神戸高速線各駅と以下の区間の各駅の間を乗車する場合は、2社の運賃の合算額から20円(小児10円)割り引く。
  • 神戸高速線経由で阪神本線 神戸三宮駅と山陽電鉄本線 板宿駅・東須磨駅および神戸電鉄有馬線 長田駅・丸山駅の間を乗車する場合は、神戸三宮駅 - 元町駅間を神戸高速線と扱った上で、2社の運賃の合算額から20円(小児10円)割り引く。
  • 神戸高速線経由で阪神本線 大石駅 - 春日野道駅間の各駅と山陽電鉄本線 板宿駅・東須磨駅の間を乗車する場合は、3社の運賃の合算額から30円(小児10円)割り引く。

阪神なんば線方面の連絡乗車券[編集]

阪神なんば線方面の連絡乗車券については、大阪難波駅までの延伸当初は西九条駅までの既存区間しか購入できなかったが、その後、高速長田駅および大開駅には2009年の改札増設時に新規開業区間対応のタッチパネル式自動券売機が設置され、さらに新開地・高速神戸・西元町の各駅の自動券売機のうち1台ずつが後からタッチパネル式に交換されたため、2010年10月現在は元々阪神連絡乗車券を発売していない花隈駅を除く全駅にて大阪難波駅までの連絡乗車券を発券できる。しかし、大阪難波駅から先の近鉄線方面への連絡乗車券の発売は行っていないため、神戸高速線内各駅から大阪難波駅経由で近鉄線の駅へ向かう場合、大阪難波駅までの乗車券を購入の上、不足運賃を近鉄車内または降車駅で精算する。

定期乗車券の相互利用[編集]

1996年10月1日より、阪急電鉄および阪神電気鉄道において、定期乗車券の相互利用サービスが提供されており、神戸高速線においても下記の条件を満たす場合に適用される。

  • 阪急神戸高速線 神戸三宮駅 - 高速神戸駅間を含む、通勤定期券・IC通勤定期券あるいはIC通学定期券を所持している場合: 阪神神戸高速線 神戸三宮駅・元町駅・西元町駅・高速神戸駅で乗降可能[6][7]
  • 阪神神戸高速線 神戸三宮駅 - 高速神戸駅間を含む、通勤定期券・IC通勤定期券あるいはIC通学定期券を所持している場合: 阪急神戸高速線 神戸三宮駅・花隈駅・高速神戸駅で乗降可能[6][7]
  • 阪急神戸本線 神戸三宮駅 - 梅田駅間を含む通勤定期券・IC通勤定期券を所持している場合: 阪神本線 神戸三宮駅・梅田駅で乗降可能(途中区間での下車は別途運賃を要する)[6][7]
  • 阪神本線 神戸三宮駅 - 梅田駅間を含む通勤定期券・IC通勤定期券を所持している場合: 阪急神戸本線 神戸三宮駅・梅田駅で乗降可能(途中区間での下車は別途運賃を要する)[6][7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 距離を示すキロポストは西代起点である。
  2. ^ 距離を示すキロポストは新開地起点である。
  3. ^ 神戸高速線 2019年10月1日改定の新運賃について (PDF)”. 阪神電気鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社、神戸電鉄株式会社 (2019年9月5日). 2019年10月3日閲覧。
  4. ^ 乗継割引運賃”. 阪神電気鉄道. 2020年6月20日閲覧。
  5. ^ “運賃引き下げに意欲 阪急阪神、神戸高速の経営権取得へ”. 産経新聞(産経関西) (産経新聞社). (2009年2月20日). オリジナルの2009年3月4日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090304010904/http://www.sankei-kansai.com/2009/02/20/20090220-006599.html 2016年7月2日閲覧。 
  6. ^ a b c d 通勤定期券の相互利用ご案内”. 阪急電鉄. 2016年7月2日閲覧。
  7. ^ a b c d 通勤定期券の選択乗車”. 阪神電気鉄道. 2016年7月2日閲覧。