神戸 (川口市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 埼玉県 > 川口市 > 神戸 (川口市)
神戸
—  大字  —
神戸の位置(埼玉県内)
神戸
神戸
神戸の位置
座標: 北緯35度51分10.6秒 東経139度43分34.64秒 / 北緯35.852944度 東経139.7262889度 / 35.852944; 139.7262889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Kawaguchi, Saitama.svg 川口市
地区 神根地区
面積[1]
 - 計 0.613km2 (0.2mi2)
人口 (2018年(平成30年)3月1日現在)[1]
 - 計 2,580人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 333-0832[2]
市外局番 048 (川口MA)[3]
ナンバープレート 川口

神戸(ごうど)は、埼玉県川口市大字郵便番号は333-0832[2]

地理[編集]

神根地区の中部に位置し、神根支所や神根公民館が所在する。川口市の市街地よりもさいたま市の市街地が近い。緑地農地なども多く残り、園芸が盛んな地域である。飛地が三箇所存在し、町の中心部から200mほど西に離れた位置に、道合神戸団地の一部が所在する。また、神戸地区の西の飛び地を除き、県立安行武南自然公園の区域でもある[4]。2006年現在の人口は2,513人で、増加傾向にある。埼玉高速鉄道が開通するまでは鉄道空白地帯で、1989年(平成元年)頃は最寄駅であった東浦和駅からは徒歩30分以上かかる位置にあり、町の大半が未開発の緑地や農地であった。しかしそれ以降、町の中を通る東京外環自動車道や最寄駅となった新井宿駅などが開業するなど、都市化の影響を受け、住宅化が急速に進んでいる。また、国道122号にも近い位置にある。

歴史[編集]

1889年までは一帯が神戸村であったが、神根村の合併時に廃止され、大字としての神戸が誕生した。

地名の由来[編集]

かつて神社領があったことだとされている。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)3月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
神戸 1,156世帯 2,580人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
641〜657番地
(石神地内への飛地)
川口市立木曽呂小学校 川口市立北中学校
1〜640番地
658〜709番地
川口市立神根小学校
710〜724番地 川口市立在家小学校
725〜780番地 川口市立在家中学校
781〜796番地 川口市立神根小学校

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c かわぐちの人口第5表町丁字別人口”. 川口市 (2018年3月8日). 2018年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月22日閲覧。
  4. ^ 埼玉県の自然公園 - 埼玉県ホームページ、2015年3月15日閲覧。
  5. ^ 住所から基本学区の学校を探す”. 川口市 (2008年2月28日). 2018年3月22日閲覧。