神明貝塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神明貝塚(2011年12月)

神明貝塚(しんめいかいづか)は、埼玉県春日部市西親野井にある縄文時代後期の馬蹄形貝塚。埼玉県選定重要遺跡。 座標: 北緯36度2分16.1秒 東経139度48分22.5秒

神明貝塚の位置(埼玉県内)
神明貝塚
神明貝塚

概要[編集]

春日部市最北部に位置する。埋蔵文化財包蔵地としては北葛飾郡杉戸町まで伸びる。貝塚部分は東西約180m、南北約120mに広がる。貝塚はヤマトシジミを主体とする。堀之内式〜加曾利B式の土器が主体的に出土する。

調査歴[編集]

  • 第一次調査(昭和36年):浦和第一女子高等学校郷土研究部による調査。住居跡4軒を検出し、2軒を完掘。
  • 第二次調査(昭和40年):住居跡1軒、土坑、埋葬人骨を検出。神明貝塚を一躍有名にした調査。
  • 第三次調査(昭和53年):史跡化へ向け、遺跡範囲の確定に向けた範囲確認調査。
  • 第四次調査(平成14年):市道拡幅に伴う緊急調査。
    • 平成21年より保存目的の調査が毎年度行われている。
    • 平成28年6月には縄文人3体の人骨を発掘した。

参考文献[編集]

  • 安孫子昭二ほか 『神明貝塚』 庄和町文化財調査報告第2集 1970年
  • 庄野靖寿 針谷浩一 庄和町教育委員会 『神明遺跡』 1979年
  • 春日部市教育委員会 『神明貝塚4次地点 塚崎遺跡7、8次地点』 春日部市埋蔵文化財調査報告書第4集 2008年

関連項目[編集]