神津恭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神津 恭介(かみづ きょうすけ)は、高木彬光推理小説に登場する架空の名探偵。初登場は高木のデビュー作でもある『刺青殺人事件』。

人物[編集]

本職は東京大学医学部法医学教室助教授(その後、教授職を務め退官)。1920年大正9年)9月25日生まれ[1]。血液型はO型。

長身(5尺6寸、約169センチメートル)の美男子で、6カ国語(ギリシアラテン)に長け、学生時代に発表した論文により「神津の前に神津なく、神津の後に神津なし」と評された天才。ピアノの腕前もプロ級である。昭和18年頃、陸軍中尉として北京の陸軍病院につとめていた際に、モンゴル人と親しくなり、モンゴル語を学んだことがあるもという[2]

東京府立第四中学校から第一高等学校理科乙類に入学。この時に『わが一高時代の犯罪』・『輓歌』の事件に遭遇する。その後、東京帝国大学医学部に入学、従軍して外地にいたが帰国し、大学に戻り、法医学教室に所属する。直後に松下研三から『刺青殺人事件』の謎を持ちかけられ、これを解決する。以後『呪縛の家』に登場する一高の元同級生、卜部鴻一が予言した通りに、警視庁の囑託として犯罪事件に関わるようになる。

「氷人」・「木石」と揶揄され、恋愛には縁がないように見えるが、3度ほど自分から恋をしている。初恋の女性は一高時代に知り合った水町知恵子で[3]、その後、オペラ女優水島真理子との恋におちいる[4]。昭和32年に東大文学部助教授、井村梅吉の助手、大麻鎮子と相思相愛になり、ゴールイン間近と思われた[5]が、それが実現しなかったことが、『古代天皇の秘密』の中で明らかにされている。

死神の座』事件を解決した礼として、新藤精一郎より「王国の鍵」を貰う。

江戸川乱歩明智小五郎横溝正史金田一耕助と並んで「日本の三大名探偵」と称される。

作者はあるインタビューで、神津恭介のことを「彼はいわゆる本格派の系列に入る天才的名探偵です。しかし、余りに天才すぎて現実から浮いてしまいました。それは、彼を想像する時、経済と恋愛を考えなかったのが原因だと思います。そのため私も後でいろいろ苦労しましたよ」と評している[6]

本名で解決する事件のほか、「墨野隴人[7]と名乗り5つの事件を解決する[8]

登場作品[編集]

長編[編集]

など

短編[編集]

など


演じた俳優[編集]

明智小五郎や金田一耕助に比べて回数は少ないが、数回映像化されている。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 作者の高木彬光と同年同月日生まれで、近松茂道検事と同年生まれでもある。
  2. ^ 成吉思汗の秘密』「7 マルコポーロの記録」より
  3. ^ 『輓歌』より
  4. ^ 魔弾の射手』より
  5. ^ 『成吉思汗の秘密』より
  6. ^ 『邪教の神』解説より(角川文庫、1978年)
  7. ^ バロネス・オルツィの作品に登場する「隅の老人」のもじり。
  8. ^ 『仮面よ、さらば』でその正体が明らかにされる。
  9. ^ 大前田英策との競演作
  10. ^ 墨野隴人が神津恭介であることが明かされる。
  11. ^ 1953年には新東宝で『刺青(しせい)殺人事件』が映画化されているが、映画『刺青(いれずみ)殺人事件』には松下研三は登場するが神津は登場しない。