神津慶次朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

神津 慶次朗(かみづ けいじろう、1984年 - )は日本の推理作家大阪市生まれ。2004年、『鬼に捧げる夜想曲』(応募時「月夜が丘」)で東京創元社主催の第14回鮎川哲也賞を受賞しデビューした(岸田るり子と同時受賞)。

作品リスト[編集]

  • 鬼に捧げる夜想曲 (東京創元社、2004年10月)ISBN 978-4-488-02380-5
    • 横溝正史作品のような空気感を持つ本格推理小説。選考会では、著者がまだ十九歳という若さであることが高く評価された。