神田外語大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
神田外語大学
Kanda University of International Studies.JPG
神田外語大学
大学設置/創立 1987年
学校種別 私立
設置者 学校法人佐野学園
本部所在地 千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1 幕張新都心[1]
北緯35度39分25.9秒 東経140度2分37.8秒 / 北緯35.657194度 東経140.043833度 / 35.657194; 140.043833座標: 北緯35度39分25.9秒 東経140度2分37.8秒 / 北緯35.657194度 東経140.043833度 / 35.657194; 140.043833
キャンパス 幕張新都心
学部 外国語学部
研究科 言語科学研究科
ウェブサイト https://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/
テンプレートを表示

神田外語大学(かんだがいごだいがく、英語: Kanda University of International Studies)は、千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1 幕張新都心[1]に本部を置く日本私立大学である。1987年に設置された。大学の略称はKUIS。

概観[編集]

建学の理念[編集]

言葉世界をつなぐ平和の礎(いしずえ)

教育および研究[編集]

日本の私立大学として数少ない韓国語専門のコースを設置している。

沿革[編集]

年表[編集]

  • 1987年 開学(英米語学科、中国語学科、スペイン語学科、韓国語学科)。異文化コミュニケーション研究所移設、言語教育研究所設置。
  • 1992年 大学院言語科学研究科博士前期課程(英語学専攻・日本語学専攻)および日本研究所を設置。
  • 1994年 大学院言語科学研究科博士後期課程(言語科学専攻)設置。
  • 1996年 文部省(当時)よりCenter of Excellence(卓越した研究拠点)に選定される。
  • 2000年 留学生別科設置。
  • 2001年 国際コミュニケーション学科、国際言語文化学科(インドネシア語ベトナム語タイ語ブラジル・ポルトガル語専攻)を設置。
  • 2003年 文部科学省・平成15年特色ある大学教育支援プログラムに「英語の自立学習支援の新システム」が採択される。
  • 2007年 開学20周年。
  • 2008年 国際問題研究所設置。平成20年度文部科学省「戦略的大学連携支援事業」に千葉大学敬愛大学城西国際大学と共に採択される。
  • 2009年 キャリア教育センターの「学生ポートフォリオのICT管理システム構築によるキャリア支援」が、平成21年度文部科学省「大学教育・学生支援推進事業」(学生支援推進プログラム)に採択される。児童英語教育研究センター(Center for Teaching English to Children)設置。
  • 2012年 アジア言語学科(中国語、韓国語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語専攻)・イベロアメリカ言語学科(スペイン語、ブラジル・ポルトガル語専攻)設置、グローバル・コミュニケーション研究所、外国語能力開発センターを設置。文部科学省・平成24年度「グローバル人材育成推進事業」に採択される。日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所と連携・協力に関する協定を締結する。
  • 2014年 千葉工業大学と大学間包括連携に関する協定締結。
  • 2017年 開学30周年。その記念として新施設8号館を建設。
  • 2018年 運営母体の佐野学園(本部:東京都千代田区)として東日本旅客鉄道(JR東日本)と、外国人観光客対応などで連携協定[2]
  • 2019年 同じ幕張地区に立地するイオンと災害対応で連携協力協定[3]
  • 2021年 グローバル・リベラルアーツ学部新設予定。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1
    • 大学本部のキャンパスのみの設置で、特にキャンパス名は付けられていない。

学内施設[編集]

  • 1号館[4]
    • 3階建て。教室の他、研究室や大学運営の本部がある。1階の教室でガラス張りの部屋がある。
  • 2号館
    • 3階建て。建物の真ん中が吹き抜けとなっており、教室の形が三角形になっている。3階の教室が大学で2番目に大きい。
  • 3号館
    • 3階建て。1階には購買がある。また大学院の研究室もある。3階には大きな教室が2つある他、コンピュータ室もある。
  • 4号館[5]
    • 3階建て。中庭があり、それを囲むように教室と研究室がある。1階には大学掲示板があり、情報を得ることが出来る。また大学で一番大きな教室があり、説明会や講演が頻繁に行われる。学食が併設している(後述)。
    • 学食…名前は1階が「ラパス」と2階が「バルコーネ」である。バルコーネでは焼きたてのパンを提供している。
  • 5号館[6]
    • 2階建て。ミレニアムハウス(通称「ミレ館」)とも呼ばれる。1階には和室、メディカルセンター、舞台装置がある多目的ホールがあり、2階にはキャリアセンター(就職課)と教室がある。多目的ホールでは弁論大会(スピーチコンテスト)や音楽サークルの公演、演劇などが行なわれる。
  • 6号館[7]
    • 2階建て。1階にはメディアプラザ(コンピュータ室)、バーチャルスタジオと教室、2階にはSALCと呼ばれる英語学習施設と教室がある。2017年春からSALCが8号館に移設される。バーチャルスタジオでは背景を合成して、会話の場面を演出することが出来る。
  • 7号館[8]
    • 4階建て。1階には付属図書館[9]、2階にはクリスタルホール、MALC[10](多言語学習施設)と教室、3階には学食がある。4階は屋上であり、出入り可能。MALCは英語以外の言語を学ぶ空間であり、各国の職人が内装を建設した。
  • 8号館[11]
    • 大学の中心にあった芝グラウンドの半分を使って建設。2017年4月より、使用開始。SALCを移設する他、教室やカフェが設けられる。
  • 食神[12]
    • 以前は一般的な学食であったが、2014年4月にアジアをテーマにした食堂としてリフォームされた。内装にはアジアのセットを置き、中央にステージがある。土日に一般開放されており、土曜の夜には学生主体のパフォーマンスがある。
  • 体育・スポーツセンター[13]
    • 2階建て。1階には体育館とトレーニングルーム、2階には柔剣道場がある。また、野外には人工芝グラウンド、天然芝グラウンド、ダンススクエア、多目的スペースがある。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 2012年以前の学科編成
    • 英米語学科
    • 中国語学科
    • スペイン語学科
    • 韓国語学科
    • 国際コミュニケーション学科
      • 国際コミュニケーション専攻(IC)
      • 国際ビジネスキャリア専攻(IBC)
    • 国際言語文化学科(ILC)
      • インドネシア語専攻
      • ベトナム語専攻
      • タイ語専攻
      • ブラジル・ポルトガル語専攻

大学院[編集]

  • 言語科学研究科
    • 博士前期課程(修士課程)
    • 博士後期課程(博士課程)
      • 言語科学専攻

研究所等[編集]

  • グローバル・コミュニケーション研究所
  • 日本研究所
  • 言語教育研究所
    • 言語教育コンサルタントセンター
  • 児童英語教育研究センター(CTEC)
  • 外国語能力開発センター(FLP)
  • English Language Institute(ELI)
  • 神田外語大学出版局
  • 異文化コミュニケーション研究所(2012年4月1日「グローバル・コミュニケーション研究所」に統合
  • 国際問題研究所(2012年4月1日「グローバル・コミュニケーション研究所」に統合
  • 言語科学研究センター(CLS)(2012年3月閉鎖)

別科[編集]

  • 留学生別科

学生生活[編集]

ボランティア活動[編集]

ゼミ活動から発展した学生主体の「幕張チャリティ・フリーマーケット(通称:幕チャリ)」が毎年5月に行われている。

学園祭[編集]

学園祭は毎年10月に行われ、「浜風祭」と呼ばれる。

交通・アクセス[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

神田外語大学を舞台とした作品[編集]

対外関係[編集]

国際提携校等[編集]

国内留学協定校[編集]

国内単位互換協定[編集]

大学間教育連携(ACI)[編集]

高大連携[編集]

学部入学者数[編集]

2019年度の学部の入学者数は980人、在学者数は4,170人であった。

姉妹校[編集]

ニュアンスとして附属学校ではなく併設校だが、同一法人の運営する教育機関として以下の学校がある。なお、神田予備校とは無関係である。

関連施設[編集]

脚注[編集]

公式サイト[編集]