神田正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神田正雄

神田 正雄(かんだ まさお、1879年明治12年)3月18日[1] - 1961年昭和36年)8月2日[1])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)、ジャーナリスト

経歴[編集]

栃木県那須郡鍋掛村(現在の那須塩原市)出身[2]1901年(明治34年)に東京専門学校政治経済科(現在の早稲田大学)を卒業[2]。同年、清国四川省学堂に教育顧問兼教習として招聘され、地理教科書を著した[3]1905年(明治38年)、アメリカ合衆国コロンビア大学に留学し、さらにイギリスオックスフォード大学にも留学した[2]。帰国後の1908年(明治41年)に東京大阪朝日新聞社に入社し、北京特派員となった[2]1917年大正6年)に本社勤務となり、北米・南米を歴遊[2]。帰国後は支那部長、政治部長、外報部長、編集委員を歴任した[3]

1924年(大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し当選。第16回衆議院議員総選挙でも再選された。

また海外社を興し、社長兼主筆として雑誌『海外』を発行した[3]。その他、海外事情研究会代表を務めた[4]

著書[編集]

  • 『西清事情』(農事雑報社、1905年)
  • 『南洋に於ける支那人』(南満洲鉄道庶務部調査課、1926年)
  • 『謎の隣邦』(海外社、1928年)
  • 『動きゆく台湾』(海外社、1930年)
  • 『リットン報告書全文解剖』(海外社、1932年)
  • 『上海から巴蜀へ』(海外社、1935年)
  • 『四川省綜覧』(海外社、1936年)
  • 『満洲から北支へ』(海外社、1936年)
  • 『躍進支那を診る 中支から南支へ』(海外社、1937年)
  • 『湖南省綜覧』(海外社、1937年)
  • 『広西省綜覧』(海外社、1939年)
  • 『中国社会と民族性』(朴烈文化研究所、1949年)
  • 『日本の縮図 内灘 - 軍事基地反対闘争の実態』(社会書房、1953年) - 久保田保太郎と共著

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新訂政治家人名事典』
  2. ^ a b c d e 『野州名鑑』P.401
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』
  4. ^ 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙)昭和三年』衆議院事務局、1928年。
  • 『野州名鑑』下野新聞社、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版(上)』人事興信所、1937年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。