神立尚紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

神立 尚紀(こうだち なおき、1963年 - )は、日本のカメラマンノンフィクションライター

1986年より講談社フライデー」専属カメラマンを務め、主に事件・政治・経済・スポーツ等の取材報道に従事した。1995年、元零戦搭乗員の取材を開始する。1997年、フリーとなり、その後は主に人物ドキュメンタリーや戦史取材に力を注ぐ一方、カメラ・写真雑誌でも記事や写真を発表している。日本写真家協会会員、東京工芸大学非常勤講師。NPO法人「零戦の会」会長。

経歴[編集]

  • 1963年 - 大阪府八尾市に生まれる。
  • 1982年3月 - 大阪府立八尾高等学校卒業。
  • 1985年8月 - 大学4年在学中に写真家として「フライデー」「るるぶ」」「主婦の友」「「月刊カドカワ」等の雑誌で活動を始めた。三木淳、木村恵一、和田光弘に師事。
  • 1986年3月 - 日本大学芸術学部写真学科卒業。金丸重嶺賞受賞。講談社「フライデー」専属カメラマンとなる。1997年まで同誌専属として、主に事件報道・政治・経済・スポーツ等の取材報道に従事。
  • 1990年 - 2000年 - 日本雑誌協会代表取材カメラマンを務めた。
  • 1995年5月 - 戦後50年の特集取材を通じ、戦争体験者(主に実戦を経験した旧海軍関係者)のインタビュー取材を開始。
  • 1997年6月 - 「フライデー」専属を辞しフリーに。9月、初の著書「零戦の20世紀」をスコラより上梓。
  • 2001年4月 - 日本写真家協会(JPS)入会、企画委員を務める。
  • 2002年9月 - 戦時中、元零戦搭乗員として戦った人などで構成する戦友会「零戦搭乗員会」が解散し、継承団体として「零戦の会」が誕生。その提唱者として副会長となった。
  • 2007年4月より東京工芸大学芸術学部写真学科で「フォトジャーナリズムII」の講義を担当。
  • 2009年8月 - 「零戦の会」が特定非営利活動法人(NPO法人)になったことを受け、NPO法人「零戦の会」理事兼副会長となる。
  • 2011年6月 - NPO法人「零戦の会」第二代会長となる。

著書など[編集]

  • 『零戦の20世紀 - 海軍戦闘機隊搭乗員たちの航跡 (スコラスペシャル - ミリタリーシリーズ (40))』スコラ、1997年 ISBN 978-4796295390
  • 『零戦 最後の証言 - 海軍戦闘機と共に生きた男たちの肖像』光人社、1999年 ISBN 978-4769809388
  • 『零戦最後の証言II - 大空に戦ったゼロファイターたちの風貌』光人社、2000年 ISBN 978-4769809654
  • 『撮るライカ - アンチライカマニアのライカ讃歌』光人社、2003年 ISBN 978-4769811657
  • 『戦士の肖像』文春ネスコ、2004年 ISBN 978-4890362066
  • 『撮るライカII - ハードボイルド・ライカエッセイ』光人社、2005年 ISBN 978-4769812685
  • 『零戦隊長 - 二〇四空飛行隊長宮野善治郎の生涯』光人社、2006年 ISBN 978-4769813262
  • 『祖父たちの零戦』講談社、2010年 ISBN 978-4062163026
  • 『特攻の真意 - 大西瀧治郎 和平へのメッセージ』文藝春秋、2011年 ISBN 978-4163743806
写真展
2007年に「神立尚紀報道写真展」を川越市京都市で開催。
他に共著、編書、雑誌などへの寄稿など。