神経解剖学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神経解剖学(しんけいかいぼうがく、英語:neuroanatomy)とは、中枢神経系の生成・発達・構造・仕組み・働き等を調べ、医療の向上に努める系統解剖学の一分野である。

分類[編集]

  • マクロ神経解剖学
ヒトの神経の名称一覧を参照。
  • ミクロ神経解剖学

中枢神経系[編集]

ヒトの大脳。前頭葉の一部が切除されている状態。
  • 脊髄 (medulla spinalis)
  • (encephalon)
    • 菱脳 (rhombencephalon)
      • 延髄 (medulla oblongata)
      • 後脳 (metencephalon)
      • 小脳 (cerebellum)
      • 菱脳峡 (isthmus rhombencephali)
      • 第四脳室 (ventriculus quartus)
    • 大脳 (cerebrum)
  • 投射神経路 (tractus nervosi projectionis)
  • 髄膜 (meninges)

末梢神経系[編集]

神経解剖学の研究手法[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]