神経鞘腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神経鞘腫
Schwannoma - Antoni A and B - very high mag.jpg
神経鞘腫の顕微鏡写真英語版、細胞性アントニーA領域(写真中央から右)と乏細胞アントニーB領域(写真左)HPS染色英語版
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
腫瘍学
ICD-10 C72.4
ICD-9-CM 225.1
ICD-O M9560/0
DiseasesDB 33713
MeSH D009442

神経鞘腫(しんけいしょうしゅ、: neurilemoma[1]:621, neuroma, neurinoma, neurolemoma[2])、またはシュワン細胞腫: schwannoma, Schwann cell tumor[2])とは末梢神経を包む神経鞘を作るシュワン細胞に由来する良性神経性腫瘍の一つ。

神経鞘腫は均一な細胞集団で、シュワン細胞のみから成る。腫瘍細胞は常に神経細胞の外部にあるが、腫瘍は骨構造の側面および/または上部から神経を圧迫するため、障害を生ずる。神経鞘腫の成長は遅く、理由は不明だが神経鞘腫はほとんどが良性英語版で、悪性化するものは1%未満である。悪性化すると神経線維肉腫英語版を生ずる。

神経鞘腫は遺伝性疾患である神経線維腫症で発生する。これらは通常S-100蛋白質英語版陽性である。

神経鞘腫は手術で切除可能であり、再発は稀である。

組織学的にはベロケイ小体英語版が見られる。

顕微鏡写真集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ James, William; Berger, Timothy; Elston, Dirk (2005). Andrews' Diseases of the Skin: Clinical Dermatology. (10th ed.). Saunders. ISBN 0-7216-2921-0.
  2. ^ a b Rapini, Ronald P.; Bolognia, Jean L.; Jorizzo, Joseph L. (2007). Dermatology: 2-Volume Set. St. Louis: Mosby. ISBN 1-4160-2999-0. 

関連項目[編集]