神部為蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
神部 為蔵
かんべ ためぞう
Kanbe Tamezo.jpg
神部為蔵
生年月日 (1864-03-18) 1864年3月18日
元治元年2月11日)
出生地 相模国高座郡本郷村
没年月日 (1947-01-31) 1947年1月31日(82歳没)
所属政党 憲政会
立憲民政党
テンプレートを表示

神部 為蔵(かんべ ためぞう、1864年3月18日元治元年2月11日[1]) - 1947年昭和22年)1月31日[2])は、日本実業家政治家土木技師憲政会立憲民政党所属の衆議院議員

経歴[編集]

相模国高座郡本郷村(現神奈川県海老名市)で、池亀五兵衛の二男として生まれ、神部マスの養子となる[3][4]海軍計吏となり横須賀鎮守府在勤、さらに練習艦「館山」乗組みとなる[3]1889年明治22年)7月、神奈川県庁に転じ同県技手に任官し、酒匂川の増水破堤改築工事に従事[3]1902年10月、北海道庁技手に転じ、1906年1月まで在任した[3][注 1]

その後、上川郡鷹栖村近文(その後東鷹栖町を経て現旭川市)で牧畜業を経営し、さらに土木建築請負業を行う[3]滝川町会議員、北海道会議員、滝川興産取締役、新十津川酒造取締役、大正製薬社長、滝川市場社長、空知管内地主連合会長、空知畜産組合顧問などを務めた[2]

1923年大正12年)の衆議院補欠選挙では次点となったが、翌1924年5月の第15回衆議院議員総選挙で北海道第7区から憲政会所属で出馬し当選[2]。以後、第17回総選挙まで連続3回の当選を果たした[2]1932年昭和7年)に行われた第18回衆議院議員総選挙で落選し、政界から一度は引退するものの、1935年に滝川町長に就任。1938年には北海道人造石油滝川工場を誘致するため手腕を振るい、短期間に用地買収を行った[5][注 2]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 滝川町史によれば、1890年7月に海軍を退官し、1897年に神奈川県の技手に転じ、1902年10月に北海道庁技手となり1905年4月に空知大橋建設の監督として滝川に赴任した後、1906年12月の竣工とともに滝川に居を構えたとある[5]
  2. ^ 滝川市郷土館には、この時の工場敷地買収関係書類などが保存されており、2013年2月に化学遺産に認定されている[6]

出典[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、36頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』185頁。
  3. ^ a b c d e 北海道人名辞書』 - 国立国会図書館デジタルコレクション、465-466頁。
  4. ^ 『人事興信録』第9版、カ121頁。
  5. ^ a b 滝川町史』 - 国立国会図書館デジタルコレクション、62-63頁。
  6. ^ 第4回化学遺産認定”. 公益社団法人日本化学会. 2020年5月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第9版、1931年。