神野新田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2017年(平成29年)現在の神野新田

神野新田(じんのしんでん)は、愛知県豊橋市三河湾沿岸に位置する新田である。名称は開発者の神野金之助(じんの/かみの[注釈 1] きんのすけ)にちなむ。

神野新田ができる以前に神野新田と同じ位置に同じ形状の通称毛利新田(正式名は豊橋の旧名吉田より吉田新田)があった。

毛利新田は毛利祥久が第百十国立銀行(後の山口銀行)の融資事業としてあったが、1888年(明治21年)に工事着工、1890年(明治23年)に堤防を完成させたが、1891年(明治24年)の濃尾地震、1892年(明治25年)の波浪により堤防が壊滅し開発を断念、新田を売りに出した。

1893年(明治26年)に初代神野金之助が新田に係わるすべての権利を購入して、同年に工事を開始した。[2]

歴史[編集]

旧日本軍と神野新田開墾地の肥料(馬糞)のやり取りの記録

1885年明治18年)、右田毛利家出身で第百十国立銀行頭取だった毛利祥久が、愛知県令勝間田稔から干拓事業を勧められたことが始まりである[3]1888年(明治21年)に起工式が行われ[4]、以後毛利祥久によって開発が進められたため、当時は「毛利新田」と呼ばれた(正式には豊橋の旧名である吉田から「吉田新田」であった)。

毛利新田は1889年(明治22年)に完成したが、澪留工事の直後に高潮に襲われて堤防が完全に破壊され、塩害の打撃を受けた。再び工事が行われ1890年(明治23年)5月に復旧したが、今度は1891年(明治24年)の濃尾地震で破壊され、さらに1892年(明治25年)9月4日の暴風雨が高潮をともなって新田を襲い、壊滅的な被害を受けた。修復のめどが立たなかったため、毛利祥久はやむなく再築を断念した[4]

1893年(明治26年)、事業家の神野金之助が毛利新田を4万1000円で買収し、総工費70万円とも90万円ともいわれる巨額の費用を投じて新田・用水の修復にあたった。堤防を以前より6尺(1.8メートル)高くするなど、毛利新田の失敗を教訓に改善が進められた[4]。一日平均5000人の人夫が作業にあたり、また神野新田の開発にともなって牟呂用水の建設も進められた。堤防の総延長は12キロメートルに及び、特に重要な三号堤と四号堤には、33体の観音が100間(およそ182メートル)おきに安置された。これは仏教を篤く信奉していた神野の発案によるもので、住民が毎日巡拝することで堤防の安全を祈願するとともに、破損部分を早期に発見することが狙いであった[5]

1895年(明治28年)6月、牟呂村・磯辺村・大崎村の各村会の議決を経て、「吉田新田」から「神野新田」に改められた[4]。干拓地であったために当初は土壌の塩分濃度が高く、収穫量が非常に低かった。生活苦に耐えかねて土地を離れる小作人も多かったと伝わるが、収穫量はしだいに増加し、大正時代に入ると一応の安定をみるようになった[5]

神野新田資料館[編集]

1993年平成5年)6月、神野新田開拓100周年を記念して「神野新田資料館」が豊橋市牟呂町会所前に開館した[6]。2階建ての建物で、1階には「地」をテーマとして記念碑の拓本や年表、立体地図模型や農機具などを展示し、2階には「水」をテーマにして牟呂用水の歴史や、昭和28年台風第13号の被害と復興、海苔養殖とその漁具などを展示している[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 神野家は、神野新田(じんのしんでん)を作った初代の神野(じんの)金之助が亡くなった翌年の大正12年に じんの から かみの に改称[1]している。

出典[編集]

  1. ^ 神野新田資料館、写真”. 2019年5月21日閲覧。
  2. ^ 百科事典、神野新田”. 愛知県豊橋市. 2019年5月21日閲覧。
  3. ^ 『豊橋百科事典』 p.329
  4. ^ a b c d 『豊橋百科事典』 p.330
  5. ^ a b 『豊橋市百年史』 p.58
  6. ^ a b 『豊橋百科事典』 p.331

参考文献[編集]

  • 『豊橋百科事典』豊橋市、2006年、329-331頁(日本語)。
  • 『豊橋市百年史』豊橋市、2008年、57-58頁(日本語)。