禁断のケミストリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
禁断のケミストリー
Better Living Through Chemistry
監督 ジェフ・ムーア
デヴィッド・ポザメンティア
脚本 ジェフ・ムーア
デヴィッド・ポザメンティア
製作 フェリペ・マリーノ英語版
ジョー・ニューローター英語版
製作総指揮 キース・コルダー
アンダース・エアデン
グレアム・ロウ
ピーター・ニコルズ
ポール・ブレット
デヴィッド・ポザメンティア
ティム・スミス
ナレーター ジェーン・フォンダ
出演者 サム・ロックウェル
オリヴィア・ワイルド
ミシェル・モナハン
レイ・リオッタ
ベン・シュワルツ
ケン・ハワード
ジェーン・フォンダ
音楽 アンドリュー・フェルテンスタイン
ジョン・ノー
撮影 ティム・サーステッド英語版
編集 ジョナサン・アルバーツ
製作会社 Occupant Entertainment
Occupant Films
配給 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズ英語版
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2014年3月14日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

禁断のケミストリー』(きんだんのケミストリー、Better Living Through Chemistry)は2014アメリカ合衆国イギリスコメディ映画。 共同監督・脚本は新人のデヴィッド・ポザメンティアとジェフ・ムーア[1]サム・ロックウェルオリヴィア・ワイルドミシェル・モナハンレイ・リオッタなどが出演。

堅苦しい薬剤師の何も起こらない生活が、主婦の客と恋に落ちることでセックス・ドラッグ・殺人のめくるめく冒険に巻き込まれ、メチャクチャになっていくコメディ作品。

日本では劇場公開されず、WOWOWで放映された[2]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

2010年2月25日、「ハリウッド・レポーター」が、デヴィッド・ポザメンティアとジェフ・ムーアがオリジナル脚本で映画監督デビューすると報じた[1]

2014年1月7日、サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズ英語版が配給権を獲得したと発表[4]

参照[編集]