福井康順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福井 康順(ふくい こうじゅん、1898年4月27日 - 1991年1月21日)は、日本の仏教学者、中国学者。元大正大学学長、早稲田大学名誉教授。

天台宗の僧籍を持ち、日光山輪王寺内にある唯心院の住職を経て、妙法院門跡となる。津田左右吉の弟子であり、津田とともに早稲田大学東洋哲学研究室の発展に力を注いだ第一人者である。また、道教の学術的研究の必要性を早くから訴え、日本におけるその基礎を整えるにあたって先駆的役割を果たした。実子の福井文雅福井重雅も東洋学者。弟子に野末陳平がいる。

略歴[編集]

  • 明治31年(1898年)、長野県小県郡長久保新町(現長和町)に生まれる。父は町役場に勤める公務員。母は寺院の生まれ。
  • 明治43年(1910年)、日光の輪王寺で得度。
  • 大正13年(1924年)、早稲田大学文学部哲学科卒業。大学院に入り、津田左右吉に師事。
  • 昭和3年(1928年)、大正大学文学部講師。
  • 昭和4年(1929年)、早稲田大学文学部講師。
  • 昭和7年(1932年)- 昭和9年(1934年)、中国に留学。胡適らと面会。当時の中国における思想界の最新動向に刺激を受ける。なお、この辺の事情は『福井康順著作集』第3巻所収の「思想と宗教」「近代思想の展開」に詳しく記されている。
  • 昭和10年(1935年)、津田左右吉とともに、早稲田大学東洋思想研究室(現在の早大東洋哲学研究室)を開設。昭和12年(1937年)には、年報『東洋思想研究』を創刊。新宿中村屋の主人・相馬愛蔵の出資を受ける。
  • 昭和11年(1936年)、早稲田大学文学部助教授。
  • 昭和15年(1940年)、国粋主義者の非難を受けた津田左右吉が教授辞任に追い込まれる。津田に代わって、早大東洋思想研究室の維持・発展を指導する。大正大学教授。
  • 昭和16年(1941年)、早稲田大学文学部教授。
  • 昭和24年(1949年)、「道教の基礎的研究」によって、早稲田大学から文学博士の学位を受ける。
  • 昭和25年(1950年)、日本道教学会を設立。会長をつとめる。
  • 昭和29年(1954年)、天台宗大僧正
  • 昭和43年(1968年)、大正大学教授を退任。名誉教授。
  • 昭和44年(1969年)、早稲田大学教授を退任。名誉教授。
  • 昭和47年(1972年)- 昭和50年(1975年)、大正大学学長。
  • 昭和51年(1976年)、勲二等瑞宝章を受章。
  • 昭和59年(1984年6月9日、京都、蓮華王院の本坊である妙法院の第49世門跡に就任。
  • 平成3年(1991年)、逝去。

著書[編集]

  • 『東洋思想史論攷』法蔵館 1950
  • 『道教の基礎的研究』理想社 1952
  • 『東洋思想の研究』理想社 1955
  • 『現代中国思想』早稲田大学出版部 1955
  • 『東洋思想史研究』書籍文物流通会 1960
  • 『福井康順著作集』<全6巻>、法藏館、1987-88年。
主著は『道教の基礎的研究』(1952年)、日本仏教、特に『日本天台の諸研究』(法蔵館、1990年)なども重要。
  • 神仙伝』 <中国古典新書>明徳出版社、1983年。詳細な解説入りの訳注書
  • 慈覚大師研究』 早稲田大学出版部、1980年。大部の編著

記念論文集[編集]

  • 『東洋思想論集 福井博士頌寿記念』福井博士頌寿記念論文集刊行会, 1960
  • 『東洋文化論集 福井博士頌寿記念』早稲田大学出版部 1972

論文[編集]

先代:
芙蓉良順
大正大学学長
第20代:1972年 - 1975年
次代:
中村康隆