福井準造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福井準造

福井 準造(ふくい じゅんぞう、明治4年9月21日[1]1871年11月3日) - 昭和12年(1937年12月10日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。準三と表記される場合がある[3]

経歴[編集]

相模国大住郡小嶺村(現在の神奈川県平塚市)の代々里正・組頭を務めた家で、福井直吉の長男として生まれる[3][4][5]1891年(明治24年)、慶應義塾を卒業[2]。社会問題に関心を持ち、神奈川県農会副会長を務めるかたわら、農商務省の嘱託として神奈川県の工場・職工の調査にあたった[6]。自らは社会主義者ではなかったが、1899年(明治32年)に著した『近世社会主義』は日本で社会主義を解説した最初期の文献である[4]

1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。さらに1912年大正元年)にも補欠当選を果たした。その間、松田正久司法大臣秘書官を務めた。

その後は小林毛皮貿易株式会社取締役、東京米穀商品取引所常務理事、日本輪工株式会社監査役、日本倉庫株式会社取締役などを務めた[5]

著書[編集]

  • 『近世社会主義』(1899年、有斐閣)

親族[編集]

  • 福井直吉 - 父。衆議院議員。神奈川県農工銀行頭取。
  • 中村克昌 - 妻の父。衆議院議員。
  • 内山安兵衛 - 妹の夫。衆議院議員。

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録 第3版』
  2. ^ a b 『衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b 『神奈川県史 別編1』625頁。
  4. ^ a b 松田, 隆行「福井準造の思想的原点:日清戦後の「知識人」 とナショナリズム・社会主義・農業」『近代日本研究』第14巻、1997年、 1-30頁。
  5. ^ a b 『人事興信録 第9版』
  6. ^ 『慶応義塾出身名流列伝』pp.665-666

参考文献[編集]

  • 三田商業研究会『慶応義塾出身名流列伝』実業之世界社、1909年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1912年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。