福井県児童科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 福井県児童科学館
Angelland-Fukui.jpg
施設情報
正式名称 福井県児童科学館
愛称 エンゼルランドふくい
館長 毛利衛(名誉館長)
事業主体 福井県
管理運営 ふくい福祉事業団・丹青社 福井県児童科学館運営共同体(指定管理者
延床面積 7,075.6 m2
開館 1999年平成11年)6月1日[1]
所在地 919-0475
福井県坂井市春江町東太郎丸3-1
位置 北緯36度07分53.3秒 東経136度12分58.9秒 / 北緯36.131472度 東経136.216361度 / 36.131472; 136.216361座標: 北緯36度07分53.3秒 東経136度12分58.9秒 / 北緯36.131472度 東経136.216361度 / 36.131472; 136.216361
アクセス JR北陸本線春江駅より徒歩約20分
北陸自動車道丸岡ICより車で約15分
外部リンク https://www.angelland.or.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

福井県児童科学館(ふくいけんじどうかがくかん)は、福井県坂井市春江町東太郎丸にある児童館科学館の機能を融合した大型文化施設。愛称エンゼルランドふくい

概要[編集]

1999年(平成11年)6月1日に開館した[1]指定管理者は、ふくい福祉事業団・丹青社 福井県児童科学館運営共同体。名誉館長は宇宙飛行士毛利衛。これは毛利の父親が当地の出身であることに由来する。2016年(平成28年)4月11日~10月下旬頃まで、改修工事のため展示エリアを一時的に閉鎖し、その後の10月22日、リニューアルオープンした[2]

本館と別館の2つの建物と屋外遊具・広場が設置されている。毎年多くの観光客が訪れる観光地であるだけでなく、地域の子供たちの遊び場や、地元宇宙少年団の活動拠点にもなっている。

施設[編集]

プレイエリア[編集]

センターエリア[編集]

展示エリア[編集]

屋外広場[編集]

太陽と風の砦(別館)[編集]

その他エリア[編集]

受賞歴[編集]

  • JCDデザイン賞(2000年)
  • 日本建築学会作品選集(2001年)

アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “福井県児童科学館 入館者800万人”. 産経ニュース. (2017年3月31日). https://www.sankei.com/region/news/170331/rgn1703310073-n1.html 2020年9月19日閲覧。 
  2. ^ 展示エリアリニューアルオープンしました!”. エンゼルランドふくい 福井県児童科学館 (2016年10月22日). 2016年12月3日閲覧。

関連項目[編集]