福井県道260号勝山インター線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
福井県道260号標識

福井県道260号勝山インター線(ふくいけんどう260ごう かつやまインターせん)は、福井県勝山市内の国道主要地方道を結ぶ一般県道である。

路線概要[編集]

中部縦貫自動車道勝山IC国道416号を結ぶ役割を担う路線で、総延長は2120m1995年平成7年)に事業に着手し[1][2]2002年度(平成14年度)に800mが開通(勝山市鹿谷町本郷 - 同市鹿谷町発坂)。2016年(平成28年)11月6日に全線開通した(勝山市鹿谷町発坂 - 同市荒土町松ヶ崎)[1][2]。また、開通した区間には九頭竜川を渡る「勝山恐竜橋」(当初の仮称は勝山大橋、264.5m)も含まれている。全体の総事業費は約55億円[1][2]

勝山インター線の開通により、勝山ICと国道416号、福井県道17号の勝山市内の幹線道路を結ぶ役割を担っており、市内の交通を円滑にする役割を果たしている。また、完成した「勝山恐竜橋」北端には、2020年度(令和2年度)に道の駅「恐竜渓谷かつやま」が開駅する予定となっている[1][2][3]

路線データ[編集]

  • 起点:福井県勝山市荒土町松ヶ崎
  • 終点:同市鹿谷町本郷

道路状況[編集]

「勝山恐竜橋」南側では、新たにえちぜん鉄道勝山永平寺線発坂駅 - 比島駅間)との立体交差(アンダーパス)が整備されている[1]。インター線開通までは同線の踏切を通る必要があったが、これにより時間短縮に繋がっている。

接続路線[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]