福井街角放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福井街角放送
愛称 福井街角放送
(旧愛称:Radioあいらんど)
コールサイン JOZZ5AI-FM
周波数/送信出力 77.3 MHz/20 W
本社・所在地
〒910-8503
設立日 2001年9月20日
開局日 2001年12月15日
演奏所 所在地と同じ
送信所 福井県福井市足羽上町147番地
福井市自然史博物館屋上(足羽山
中継局 なし
放送区域 #概要参照
公式サイト http://www.fm773.com/
福井街角放送株式会社
FUKUI COMMUNITY BROADCASTING CORPORATION
Phoenix Plaza.JPG
福井街角放送本社が入居するフェニックス・プラザ
種類 株式会社
本社所在地 910-8503
福井県福井市田原一丁目13番6号
フェニックス・プラザ3階
設立 2001年9月20日
業種 情報・通信業
法人番号 8210001004772
事業内容 放送法に基づく超短波放送事業
代表者 代表取締役 鳴尾健
資本金 1500万円
主要株主 鳴尾健 21.9%
福井ケーブルテレビ 13.1%
(2019年3月1日時点)[1]
外部リンク http://www.fm773.com/
特記事項:2002年6月より福井市出資第三セクター(比率0.3%)
テンプレートを表示

福井街角放送株式会社(ふくいまちかどほうそう)は、福井県福井市およびその周辺地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。

通称愛称とも福井街角放送で、旧愛称はRadioあいらんど(レディオあいらんど)。日本国内150番目、同県では最初に開局したコミュニティ放送局。

概要[編集]

自主制作以外の番組はミュージックバードの番組を放送している。また、インターネットラジオへの配信は、2016年4月1日北國新聞系列で石川県富山県にあるコミュニティ放送局4社(ラジオかなざわラジオこまつラジオななおラジオたかおか)が一斉に開始したことに伴い、2018年現在北陸3県のラジオ局で唯一ネット配信を行っていない[3]

歴史[編集]

福井県域のラジオ・テレビ兼営局福井放送アナウンサーであった鳴尾健が本放送局構想を興し、それまで勤めていた福井放送を退職、出資者を募り開局に至る。その多くは地元の商店主など出資額5万円の一株株主で、福井市も一株株主として開局翌年に加わっている。

沿革[編集]

自主制作番組[編集]

詳細は公式サイトのタイムテーブル (PDF) を参照。

2018年1月現在
  • モーニングあいらんど (月-金 8:00-9:00)
パーソナリティー:織田玲子(火-金) 鳴尾健(月-金)
2007年3月までは3時間、2010年12月までは2時間の生放送だった。
  • J-POPグラフィティ(平日 9:00-10:00)
パーソナリティー:鳴尾健
1960-1980年代の邦楽ヒット曲を放送している。
  • 上方演芸会 (平日7:00-8:00 / 15:00-16:00)
パーソナリティー:鳴尾健
NHK大阪放送局上方演芸ホール)で制作されているものとは別物。
  • ひるDOKIあいらんど(金 12:00-13:00)
パーソナリティー:大村麻紀
  • Radioあいらんど(月-金 16:00-18:00)
パーソナリティー:野田祐美子(月火)大村麻紀(水木)さかいちよみ(金)
  • たんたん竹本あっぱれ鳴尾(平日17:30-17:40)
パーソナリティー:竹本浩三・鳴尾健
  • Canpus Station (金18:00-19:00)
パーソナリティー:橋詰充子
FUT SQUARE(福井工業大学のサテライトスタジオ)からの番組
  • 50’Sコレクション(平日:0:00-7:00 土・日:0:00-6:00 )
  • このほか福井競輪最終日・最終レースの実況中継など

終了した番組・コーナー[編集]

  • まえだおかだのポポポポ~ン♪(月 17:40-18:00)
パーソナリティ:前田和葉・岡田健志
2011年4月から9月まで放送。
  • まえだおかだの“おかわりいかがですか?”(火 17:40-18:00)
パーソナリティ:前田和葉・岡田健志
リスナー参加型の大喜利番組。ネタが採用される度にランクが上がり、横綱になると番組に出演できる。2011年10月から2012年3月まで放送。
  • Googevening Goodtiming Goodmusic (平日18:00-18:15,18:45-19:00)
パーソナリティ:野田祐美子
  • What's new? (日 18:00-18:30)

万博関連[編集]

2005年日本国際博覧会(愛・地球博)のイベント放送局FM LOVEARTH」と同じ周波数であることから、「77.3MHz」のネオンサインとログハウス風のスタジオを中部日本放送(当時、現在のCBCラジオ)およびZIP-FMより無償で譲渡された[4]。このスタジオを利用し、福井駅西口に観光案内所とFMラジオスタジオ、イベント用ステージを併設した「アテンダント館」が2009年11月8日にオープンした。なお、福井駅西口の再開発に伴い、スタジオは閉鎖されている。

脚注[編集]

  1. ^ 基幹放送事業者の議決権保有状況等 コミュニティ放送事業者 - 総務省電波利用ホームページ
  2. ^ a b c 福井街角放送が「773分落語会」 開局15年記念、ラジオ周波数にちなみ”. 福井経済新聞 (2016年12月2日). 2018年9月17日閲覧。
  3. ^ 富山県射水市エフエムいみずは、放送自体のストリーミング配信を行っていないものの、一部の番組でポッドキャスト配信を行っている。
  4. ^ 愛・地球博公式ラジオステーション「FM LOVEARTH」スタジオの再利用について”. 中部日本放送 (2005年9月29日). 2018年9月17日閲覧。

関連項目[編集]