福井運動公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福井運動公園陸上競技場
"9.98スタジアム"
2018年夏の福井県営陸上競技場.jpg2018年
福井運動公園陸上競技場の位置(福井県内)
福井運動公園陸上競技場
施設情報
所在地 福井県福井市福町3-20
位置 北緯36度3分12.4秒 東経136度11分4.43秒 / 北緯36.053444度 東経136.1845639度 / 36.053444; 136.1845639座標: 北緯36度3分12.4秒 東経136度11分4.43秒 / 北緯36.053444度 東経136.1845639度 / 36.053444; 136.1845639
開場 1967年
所有者 福井県
運用者 福井県
使用チーム、大会
第23回国民体育大会(1968年)
第73回国民体育大会(2018年)
日本学生陸上競技対校選手権大会
FUKUIスーパーレディス駅伝
収容能力
約16,000

福井運動公園陸上競技場(ふくいうんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、福井県福井市福井運動公園内にある陸上競技場。福井県が運営管理しており、福井県営陸上競技場とも呼ばれる。

概要[編集]

1967年開場。同年に昭和42年度全国高等学校総合体育大会が、翌年に第23回国体秋季大会開会式・陸上競技会が開催された。その後の第4回全国身体障害者スポーツ大会の会場にもなった。第73回国民体育大会の総合開閉会式・陸上競技にも使用された[1]

座席はメインスタンドのみ。その他は石段席と分かれており、バックスタンド中央には聖火台がある。

2017年9月9日、天皇賜盃日本学生陸上競技対校選手権大会の男子100m決勝で、桐生祥秀東洋大学)が日本人選手として初めて10秒の壁を破る9秒98の公認日本記録を樹立した[2]

2018年2月16日、福井県は競技場の愛称を「9.98スタジアム」にすると発表した[3]

2019年8月17日、アスリート・ナイト・ゲームズ・イン福井が開催。追い風が吹きやすい競技場の特性から、男子走り幅跳び城山正太郎が、男子110メートルハードルで高山峻野が、それぞれ日本新記録を出して優勝したほか、女子100メートルハードルでも寺田明日香が日本記録タイを出すなど好記録が次々と生まれた[4]

交通アクセス[編集]

  • 京福バス
    • 70 運動公園線(有楽町先回り)「運動公園南門前」下車。
    • 71 運動公園線(ベル前先回り)「運動公園南門前」下車。

公園内のその他の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018「福井しあわせ元気」国体・障スポ”. 「福井しあわせ元気」国体・障害者スポーツ大会実行委員会. 2018年12月14日閲覧。
  2. ^ “桐生祥秀9秒98!100mで日本人初の9秒台出た”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年9月9日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1884721.html 2017年9月9日閲覧。 
  3. ^ “「9・98スタジアム」愛称決定”. 福井新聞. (2018年2月16日). http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/295503 2018年2月18日閲覧。 
  4. ^ 城山正太郎8m40日本新「狂った競技場」でまた”. 日刊スポーツ (2019年8月17日). 2019年8月18日閲覧。
先代:
上尾陸上競技場
上尾市
国民体育大会
主競技場

親切国体
次代:
県立総合運動公園陸上競技場
諫早市
先代:
愛媛県総合運動公園陸上競技場
松山市
国民体育大会
主競技場

福井しあわせ元気国体
次代:
笠松運動公園陸上競技場
ひたちなか市