福井鉄道140形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福井鉄道140形電車(ふくいてつどう140がたでんしゃ)は、かつて福井鉄道に在籍していた電車。初代と2代目が存在した。

  1. (初代)1964年昭和39年)に名古屋鉄道(名鉄)から譲渡されたモ700形とク2200形を組み合わせたもの。2編成4両が在籍した。
  2. (2代)初代の老朽化に伴い、その代替として1979年(昭和54年)から1981年(昭和56年)にかけて登場した車両。こちらも他社より譲渡された車両であるが、種車については後述する。3編成6両が在籍し、560形とともに、福井鉄道で最後まで残った吊り掛け駆動車両であった。

本項では初代および2代目両方の本形式を称した車両について述べる。

初代140形電車[編集]

福井鉄道140形電車(初代)[1]
基本情報
製造所 日本車輌製造
改造所 自社
主要諸元
編成 2両
軌間 1067 mm
電気方式 直流 600 V (架空電車線方式)
編成定員 200 名(座席94名)
車両定員

100 名(座席44名)(モハ

100 名(座席50名)(クハ
車両重量

25.7 t(モハ)

19.2 t(クハ)
最大寸法
(長・幅・高)

14,475 × 2,438 × 4,172 mm(モハ)

14,066 × 2,641 × 3,780 mm(クハ)
車体 半鋼製
台車

日車27MCB(モハ141)

ボールドウィン78-25-A(モハ142)

日車ボールドウィン型(クハ141・142)
主電動機 TDK516-A
主電動機出力 63.75kW/個  
搭載数 4基 / 両
駆動方式 吊り掛け駆動方式
歯車比 3.42
制御方式 電動カム軸式
制御装置 東洋ES152-B
制動装置 SME 非常直通3管式
テンプレートを表示

車両概要[編集]

モハ141・142[編集]

モハ140形141・142は元名鉄モ700形701・705で、1927年(昭和2年)4月に日本車輌製造で新製されたものである。1964年昭和39年)3月に借入という形で入線し、同年7月に正式譲渡されている[2]。主要機器[注釈 1]については名鉄時代そのままであるが、入線に際して以下の改造が施工されている。

同年11月には、本形式にも装備されている名鉄車独特の大型標識灯が、急カーブ区間走行時に連結相手側に接触し破損することがあったことから2両固定編成化が施工された[3]。その際、以下の改造を施工している。

  • 連結面を切妻構造化[3]。これにより、丸妻形状の妻面の円弧部分を切断し切妻形状化したことから、全長が若干短縮されている。また、旧運転台部分に相当する側窓が廃止され、窓配置が1D6D6Dに変化した。
  • 前面窓のHゴム固定化。ただし、モハ141が前面窓3枚のうち中央の運転台窓のみHゴム固定とされたのに対し、モハ142は3枚の前面窓全てがHゴム固定とされた。
  • 運転台部分の側窓の一段下降窓化。
  • 客用扉の自動扉化。
  • 車内放送装置の新設。

クハ141・142[編集]

クハ140形141・142は元名鉄ク2200形2201・2202で、瀬戸電気鉄道が1936年(昭和11年)10月に日本車輌で新製したガソリン動車300形301・302がその前身である[2]。モハ140形141・142と同様、1964年昭和39年)3月に借入という形で入線し、同年7月に正式譲渡されている。入線に際して以下の改造が施工されている。

  • 台車を日本車輌製ボールドウィン型台車[注釈 4]に換装。
  • モハ140と同様、併用軌道区間走行のため前面床下に排障器を、客用扉部に乗降用折り畳みステップをそれぞれ設置[3]

同年11月、モハ140と同様の理由で以下の改造を施工している。

  • 連結面を切妻構造化[3]。これにより、全長が若干短縮された。ただし、モハ140とは異なり窓配置に変化は生じなかった。
  • 前面窓のHゴム固定化。こちらは2両とも平妻2枚窓で、前面窓全てを窓幅を広げた上でHゴム固定化している。

この他、モハ140と同様に運転台部分の側窓の一段下降窓化、客用扉の自動扉化、車内放送装置の新設が施工された。

その後の経緯[編集]

前述固定編成化後は特に改造を受けることなく使用されたが、車体の老朽化が進んだことから2代目140形に代替されることとなり、モハ141・142はモハ141-1・142-1に、クハ141・142はモハ141-2・142-2にそれぞれ名義を譲って現車は1979年(昭和54年)に解体処分された[2]

2代目140形電車[編集]

福井鉄道140形電車(2代)[1]
140形電車141編成。 (141-1側。2005年10月8日、市役所前駅)
140形電車141編成。
(141-1側。2005年10月8日、市役所前駅
基本情報
製造所

汽車製造(モハ141-1・142-1)

加藤車輌製作所(モハ143-1)

日本車輌製造(モハ141-2・142-2・143-2)
改造所 自社
主要諸元
編成 2両
軌間 1067 mm
電気方式 直流 600 V (架空電車線方式)
編成定員 200 名(座席100名)
車両定員 100 名(座席50名)
車両重量

27.5 t(モハ141-1・142-1) 28.6 t(モハ143-1)

30.5 t(モハ141-2・142-2・143-2)
最大寸法
(長・幅・高)

16,600 × 2,750 × 4,147 mm(モハ141-1・142-1) 13,250 × 2,750 × 4,045 mm(モハ143-1)

16,750 × 2,750 × 4,158 mm(モハ141-2・142-2・143-2)
車体 半鋼製
台車

汽車KSK-2H4(モハ141-1・142-1)

日車D-14(モハ143-1)

日車27MCB(モハ141-2・142-2)

日車D-16B(モハ143-2)
主電動機 WH556-J6
主電動機出力 60kW/個  
搭載数

4(モハ141-1・142-1・143-1)

2(モハ141-2・142-2・143-2)基 / 両
駆動方式 吊り掛け駆動方式
制御方式 電動カム軸式
制御装置 ES517-B
制動装置 SME 非常直通
テンプレートを表示
141編成の141-2側。 (2005年11月3日、田原町駅)
141編成の141-2側。
(2005年11月3日、田原町駅

モハ140-1形-モハ140-2形からなる2両編成で、武生方モハ(-1)に制御器を、福井方モハ(-2)に電動発電機(MG)および電動空気圧縮機(CP)をそれぞれ搭載する固定編成である。車内は全車セミクロスシート仕様で、客用扉間が転換クロスシート、後部客用扉より連結面までがロングシートで構成されている。本形式の種車は譲渡車・生え抜き車の計3車種からなり、出自の違いから車両形状が各々異なっている他、座席定員にも差異が生じている[注釈 5]

主要機器は入線に際して全車統一され、制御器は東洋電機製造製ES516型電動カム軸式制御器、主電動機はウェスティングハウス社製WH556-J6型[注釈 6]である。主電動機は武生方モハ(-1)に4基、福井方モハ(-2)に2基搭載とした変則全電動車編成とされており、パンタグラフは武生方モハ(-1)に1基搭載されている。

その他、詳細な改造項目は後述するが、全車共通の改造項目として以下が施工されている。

  • 前面中央窓下に行先・種別表示幕を新設
  • 併用軌道区間走行のため前面床下に排障器を、客用扉部に乗降用折り畳みステップをそれぞれ設置

以下、種車ごとにその詳細を述べる。

各車両の詳細[編集]

モハ141-1・142-1[編集]

種車は長野電鉄より譲り受けたモハ300形301・302で、1941年(昭和16年)に汽車製造で新製されたものである。1978年(昭和53年)に福井鉄道が譲り受け、翌1979年(昭和54年)から1980年(昭和55年)にかけて竣工した。入線に際して以下の改造が施工されている。

  • 福井寄り運転台を撤去して貫通路を新設・片運転台化
  • 武生寄り(運転台寄り)客用扉の移設
  • 前面窓・戸袋窓等固定窓のHゴム固定化

これら改造によって窓配置は原形のd3D7D3dからdD10D3・1(d:乗務員扉, D:客用扉)と変化したが、種車が元より前面非貫通構造であったこともあり、他グループよりは比較的外観上の原形を保っている。乗務員扉撤去跡の側窓はHゴム固定の小窓とされており、元は両運転台車であった面影が残っている。台車は種車が装備していた汽車製KSK-2H4型釣り合い梁式台車をそのまま使用した。なお、本グループは名義上初代モハ140形141・142の更新扱いで竣工している。

モハ143-1[編集]

種車はモハ40形42で、本形式中唯一の福井鉄道生え抜き車両である。前身は1929年(昭和4年)に加藤車輌製作所で新製された鯖浦電気鉄道デハ10形12で、合併による福井鉄道設立時にモハ42と改称・改番され、1953年(昭和28年)に車体新製による更新を施工したものである。改造前は主に単行運用に供され、福武線および鯖浦線で使用されていたが、1981年(昭和56年)に後述モハ143-2と2両固定編成化を行うため大改造を受け、モハ143-1と改称された。以下に改造項目を記す。

  • 車体延長工事を施工[注釈 7]
  • 福井寄り運転台を撤去して切妻形状とし貫通路を新設・片運転台化
  • 前面窓の連続3枚窓化
  • 乗務員扉新設
  • 客用扉の移設およびプレス扉化[注釈 8]
  • 前面窓・戸袋窓等固定窓のHゴム固定化

これら改造の結果原形は完全に失われ、モハ143-2とほぼ同一の外観に変化を遂げたが、車体長の差異から窓配置はdD11D3と、モハ143-2と比較して客用扉間の側窓が1枚少ない[注釈 9]。その他、前面雨樋形状[注釈 10]や幕板寸法、屋根の深さ等、種車の違いに起因する形態上の相違点が存在した。台車は名鉄より譲り受けた日本車輌製D14型釣り合い梁式台車を装備する。なお、本車は新製名義で登場しており、名義上モハ42は廃車扱いとされている。

モハ141-2・142-2・143-2[編集]

三連窓が特徴的なモハ143-2

種車は名鉄より譲り受けたモ900形で、1931年(昭和6年)に日本車輌で新製されたものである。瀬戸線昇圧に伴い余剰となったモ901・902・907を譲り受け、1979年(昭和54年)から1981年(昭和56年)にかけて順次竣工した。本グループも入線に際して以下の改造が施工されている。

  • 福井寄り前面の貫通扉撤去・非貫通構造化
  • 武生寄りの乗務員扉撤去[注釈 11]
  • 福井寄り(運転台寄り)客用扉の移設
  • 乗務員扉の鋼製化および客用扉のプレス扉化[注釈 8]
  • 前面窓・戸袋窓等固定窓のHゴム固定化
  • 外板の張替え[注釈 12]
  • パンタグラフの撤去

これら改造によって窓配置は原形のd2D10D2dからdD12D3となり、外観上原形はほぼ失われたといっていいほどの変化を遂げた。さらにモハ143-2についてはモハ143-1同様に前面窓の連続3枚窓化・連結面の切妻化も施工されている。台車はモハ141-2・142-2が名鉄ク2300形の廃車発生品である日本車輌製27MCB型[注釈 2]を、モハ143-2が同じく名鉄から譲り受けた日本車輌製D16B型をそれぞれ装備する。なお、本グループのうちモハ141-2・142-2はクハ140形141・142の更新名義とされ、モハ143-2については編成相手のモハ143-1同様新製名義とされている。

その後の経緯[編集]

141編成さよなら運転の様子
(2006年10月14日、西鯖江にて撮影)

入線後、1984年(昭和59年)に列車無線取り付けが、1987年(昭和62年)には武生方モハ(-1)の台車のD16型への換装が、1992年(平成4年)にはATS(自動列車停止装置)の設置がそれぞれ施工されている。その間車体塗装の新塗装化も行われ、入線から約20年間福武線の主力形式として使用された。

しかし1990年代後半に至り、経年による老朽化が顕著となってきたことから、600・610形導入に伴う代替対象となって142編成が1998年平成10年)に、143編成が1999年(平成11年)にそれぞれ廃車となった。141編成はその後も予備車として在籍し、乗務員訓練用途にも使用されていた。2004年10月1日改正ダイヤでは、いずれも平日・土曜日の朝に、武生新駅 → 田原町駅 → 神明駅間の普通および武生新駅 → 田原町駅間の急行(田原町駅・神明駅 → 武生新駅間は回送)の運用で、検査およびビール列車運行時の車両不足を補う形で使われていた。

名鉄から譲り受けた低床電車の導入により2006年(平成18年)4月1日をもって定期運用から完全に離脱した後、同年10月14・15日に行われたさよなら運転を最後に廃車となった。除籍後は西武生(現・北府)の車両工場に留置されていたが、2007年(平成19年)6月に解体処分され、姿を消した。

編成[編集]

初代
モハ141-クハ141
モハ142-クハ142
2代
モハ141-1-モハ141-2
モハ142-1-モハ142-2
モハ143-1-モハ143-2

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東洋電機製造製ES152B型電動カム軸式自動加速制御器および同TDK516型主電動機。
  2. ^ a b J.G.ブリル社製27MCB-2型のデッドコピー製品であった。
  3. ^ モハ140形については両端の扉にのみ設置され、中央扉には設置されなかった。
  4. ^ モハ142が装備するボールドウィン78-25A型とは軸距が異なり、78-25A型の1,981mmに対して本台車は2,180mmであった。
  5. ^ 一例をあげると、武生方モハ(-1)の転換クロスシートは12脚であるのに対し、福井方モハ(-2)では14脚装備されている。
  6. ^ 端子電圧600V時定格出力60kW, 歯車比3.05
  7. ^ 改造前の全長13,840mmから同16,250mmに延長。
  8. ^ a b 旧型国電の廃車発生品を流用したものといわれている。
  9. ^ モハ42当時の窓配置は1D11D1であった。
  10. ^ モハ143-2が緩い曲線を描く形状とされていたのに対し、本車は直線形状とされていた。
  11. ^ 名鉄在籍当時に片運転台化されていたが、乗務員扉は存置されていた。
  12. ^ 本工事施工により車体のリベットがなくなった。

出典[編集]

  1. ^ a b 鉄道友の会 福井支部 「若い仲間と代わります 福井鉄道200形 ー去りゆく老兵に贈る讃歌ー」、2017年4月、p.97、ISBN 978-4-9909490-0-6
  2. ^ a b c 清水武 「福井鉄道(下)」、ネコ・パブリッシング、2016年11月1日、p.30~31、ISBN 978-4-7770-5401-5
  3. ^ a b c d e 鉄道友の会 福井支部 「若い仲間と代わります 福井鉄道200形 ー去りゆく老兵に贈る讃歌ー」、2017年4月、p.77、ISBN 978-4-9909490-0-6

参考文献[編集]

  • 「慌てん坊将軍の回想列車が通ります」30年前の写真2006・その6 福井鉄道 - (初代のモハ142-クハ142編成の写真。それぞれ明治橋ゴルフセンターと亀屋製菓の広告塗装が施されている)