福光インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福光インターチェンジ
福光インターチェンジ(出口料金所)
福光インターチェンジ(出口料金所)
所属路線 E41 東海北陸自動車道
IC番号 16
料金所番号 01-244
本線標識の表記 国道304号標識 福光 城端
起点からの距離 173.8 km(一宮JCT起点)
城端SA (3.8 km)
(7.6 km) )南砺SIC
接続する一般道 国道304号標識国道304号
供用開始日 1992年平成4年)3月28日
通行台数 2,441台/日(2013年度)
所在地 939-1747
富山県南砺市山田
テンプレートを表示
福光インターチェンジの位置(富山県内)
福光インターチェンジ

福光インターチェンジ(ふくみつインターチェンジ)は、富山県南砺市にある東海北陸自動車道インターチェンジ (IC) である。

概要[編集]

平面Y字型のインターチェンジで、下り線側のランプウェイが平面交差しており、信号機が設置されている。名称は南砺市合併前の旧福光町によるものであるが、実際には旧城端町の中心地の方が近い。そのため、本線上の看板には「福光 城端」と表記されている。なお、一宮ジャンクション (JCT) 方面にある袴腰トンネルは危険物積載車両が通行禁止のため、金沢・富山方面から来た当該車両は、このICで降りなければならない。

路外給油サービス[編集]

東海北陸道ひるがの高原サービスエリア (SA) →北陸道有磯海SAは150 km以上(逆向きは約148 km)ガソリンスタンドが存在せず、高速道路上での燃料切れを防ぐために、高速道路から一旦流出し高速道路外のガソリンスタンドを利用しても同一の通行料金で利用できる「路外給油サービス」の社会実験が2016年7月15日より実施されている。利用はETC車限定で、高速道路から流出してから指定のガソリンスタンドを利用し高速道路に流入するまでの制限時間は1時間である[1]。開始当時は2017年7月14日までの予定であったが、終了予定は毎年[2][3][4]延長されており現在の終了予定は2020年7月14日である。

歴史[編集]

道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:4

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • ETC/一般:1

周辺[編集]

[編集]

E41 東海北陸自動車道
(15)五箇山IC - 袴腰トンネル - 城端トンネル - 城端SA - (16)福光IC - (17)南砺スマートIC - (19)小矢部砺波JCT

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]