福原実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福原 実(ふくはら みのる、1844年11月24日天保15年10月15日) - 1900年9月24日)は、日本の陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍少将貴族院議員沖縄県知事男爵錦鶏間祗候

経歴[編集]

長州藩士・福原政馬の長男として生まれる。戊辰戦争に従軍し、1871年兵部権少丞、兵部省7等出仕を経て、陸軍大佐に任官し陸軍省築造局長となる。築造局副長心得、第4局副長、兼第3局副長、アメリカ出張などを経て、1877年3月から11月まで征討軍団砲兵部長として西南戦争に出征した。砲兵本支廠御用掛、仙台鎮台幕僚参謀長などを歴任し、1878年11月、陸軍少将に進級。仙台鎮台司令長官を勤め、1879年10月、非職となり、1888年12月、予備役に編入された。

その他、元老院議官(1882年12月 - 1887年4月、1888年9月 - 1890年10月)、沖縄県知事(1887年4月 - 1888年9月)、貴族院議員(1890年9月29日[1] - 1900年9月)を歴任した。1890年10月20日、錦鶏間祗候となる[2]。1900年5月、男爵の爵位を授爵し華族となった。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  2. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  3. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  4. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
福原(実)家初代
1900年
次代:
福原邦樹