福原銭太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福原銭太郎

福原 銭太郎(ふくはら せんたろう、慶応3年2月24日[1]1867年3月29日) - 昭和13年(1938年9月26日[1])は、日本陸軍軍人、最終階級は陸軍中将三重県桑名町長長島村長。

人物[編集]

伊勢国桑名郡長島村(現在の三重県桑名市)出身。士族・福原資英の長男として生まれ、1896年に家督を継ぐ[2]1884年明治17年)に陸軍士官学校(旧9期)に入学し、1887年(明治20年)に卒業[3]。同年7月[4]歩兵少尉に任官し、陸軍大学校(10期)で学び[5]日清戦争に出征した[3]。陸軍士官学校教官、参謀本部部員、近衛師団参謀を歴任[3]日露戦争時には第12師団高級参謀を務め[1]、その後は留守第12師団参謀長、歩兵第68連隊初代連隊長、臨時朝鮮派遣歩兵第1連隊長[6]第16師団参謀長[6]、第26旅団長を歴任した[3]1916年大正5年)8月[6]独立守備隊司令官に就任し[3]、在任中に鄭家屯事件の対応にあたった[1]1918年(大正7年)7月24日、中将に昇進と同時に待命となり[6]、翌年1月15日[6]予備役編入となった[3]

1920年(大正9年)、桑名町長に選出され[3]、10年間在職した[1]。また1922年(大正11年)には三重県会議員に当選し、2期務めた[3]。その後、1931年(昭和6年)から1933年(昭和8年)まで長島村長を務めた[3]

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『遺徳顕彰録』pp.176-177
  2. ^ a b 福原錢太郞 (男性)『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  3. ^ a b c d e f g h i 『人物月旦』pp.1-2
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』78頁。
  5. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、548頁。
  6. ^ a b c d e 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』80頁。
  7. ^ 『官報』第1671号「叙任及辞令」1918年3月1日。
  8. ^ 『官報』第2612号「叙任及辞令」1921年4月19日。

参考文献[編集]

  • 伊勢新聞社桑名支局編『人物月旦』伊勢新聞社桑名支局、1933年。
  • 大日本頌徳会編纂部『遺徳顕彰録 第三輯』大日本頌徳会、1942年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。