福善寺 (鈴鹿市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
福善寺
20060910 fukuzenji honndou.JPG
本堂
所在地 三重県鈴鹿市土師町449
山号 太一圓南山
宗派 真言律宗
本尊 薬師如来
創建年 平安時代後期のころ
別称 土師(はぜ)の赤寺
札所等 三重四国八十八箇所 15番札所
テンプレートを表示

福善寺(ふくぜんじ)は、三重県鈴鹿市にある、真言律宗の仏教寺院。山号は 太一圓南山(たいちえんなんざん)。本尊は薬師如来。土師神社の別当寺であったという。

歴史[編集]

平安時代後期白河天皇(在位1073年 - 1087年)のにより建立され、鎌倉時代に至り、興正菩薩の発願により再興し、真言律宗になったとされ、弘法大師も当寺へ訪れたことがあるといわれている。

興正菩薩は弘安6年(1283年)、この地に疫病が流行したとき、薬師如来不動明王を修し、平癒させたと伝わる。また用水路の開発も行い、鈴鹿川より当寺を含め、近郷六村へ引かれ、「寺井」「六郷井」と呼ばれ、菩薩の功績とされている。

所在地[編集]

  • 三重県鈴鹿市土師町449

年中行事[編集]

  • 1月 初薬師
  • 2月 節分豆まき
  • 4月 春季永代経
  • 5月 聖天大祭
  • 9月 地蔵盆
  • 10月 秋季永代経
  • 12月 仏名会納薬師

近隣施設[編集]

  • 土師神社
  • 千代崎海水浴場

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 滝本昭二『三重四国八十八ヵ所霊場』三重四国八十八ヵ所霊場会

関連項目[編集]