福山市立女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福山市立女子短期大学
大学設置 1963年
創立 1896年
廃止 2012年
学校種別 公立
設置者 福山市
本部所在地 広島県福山市北本庄4-5-2
学部 保育科
生活学科
テンプレートを表示

福山市立女子短期大学(ふくやましりつじょしたんきだいがく、英語: Fukuya City Junior College for Women)は、広島県福山市北本庄4-5-2に本部を置いていた日本公立大学である。1963年に設置され、2012年に廃止された。2011年福山市立大学設置に伴い学生募集を停止し、2012年3月に閉学した。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 福山市立女子短期大学は、人間の「くらし」や「生き方」にかかわる学問を身につけ,「人間力」「社会力」「実践力」をもつ社会に有為な人材を育てることを教育目標としていた。

教育および研究[編集]

  • 福山市立女子短期大学における教育
  • 生活学科
    • 生活学専攻:衣食住に関する科目や教職を目指すための科目が含まれている「家庭生活」、主に食に関する科目を学ぶ「食環境」の各コースからなっていた。
    • 社会生活専攻:社会および経済生活に関する科目を主に学んでいた。
    • 生活福祉専攻:介護のスペシャリストを目指すためのカリキュラムが組まれていた。
    • 生活保健専攻:主に学校保健や養護に関する科目を学ぶ課程となっていた。
    • 生活創造専攻:「音楽」、「美術」、「環境デザイン」の各コースからなっていた。
  • 保育科:附属幼稚園での「教育実習」も行なわれていた。

学風および特色[編集]

  • 福山市立女子短期大学では、放送大学との単位互換制度が行われていた。
  • 科目等履修生や留学生の受入れも行っていた。

沿革[編集]

  • 1896年 私塾翠栄社を創設。
  • 1954年 学校法人増川学園が創設される。
  • 1963年 学校法人増川学園が私立福山女子短期大学(ふくやまじょしたんきだいが))を開学。
  • 1974年 福山市に運営を移管し、福山市立女子短期大学に改称。
  • 1990年 家政科を生活学科に名称を変更。専攻課程を設置する。
    • 生活学専攻
    • 生活文化専攻→後に社会生活専攻と改称。
    • 生活芸術専攻→後に生活創造専攻と改称。
    • 生活福祉専攻
  • 2000年 生活福祉専攻を生活保健専攻と改称。介護福祉士の資格課程を生活福祉専攻として新設。
  • 2002年 生活学科の各専攻課程を改組する。
    • 生活文化専攻→社会生活専攻
    • 生活教養専攻→生活創造専攻
  • 2010年 新入生の募集を終了。
  • 2011年4月 福山市立大学開学。
  • 2012年3月11日 閉学記念式を実施。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 広島県福山市北本庄4-5-2

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 生活学科
    • 生活学専攻
    • 社会生活専攻
    • 生活福祉専攻
    • 生活保健専攻
    • 生活創造専攻
  • 保育科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]

資格

  • 保育士:保育科にて取得できた。大半の学生が取得していた。
  • 介護福祉士:生活福祉専攻にて取得できた。取得が卒業の前提とされていた。
  • 社会教育主事補:社会生活専攻にて取得できた。

受験資格

教職課程

附属機関[編集]

教育[編集]

  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    • 「無形文化財を活用した教育プログラム」において2007年2008年に採択された。これは、福山市の「二上りおどり」を題材にした「共生」のまちづくりをめざすことをねらいとしたものであった。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 福山市立女子短期大学の学園祭は「芦水祭」と呼ばれ、前日祭には球技大会も行なわれていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 犬丸愨:福山女子短期大学初代学長
  • 末吉稊次:福山市立女子短期大学としての初代学長
  • 中野昇:元本短大学長、広島大学名誉教授
  • 安川悦子:現学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 1号館・2号館・3号館・4号館・5号館・6号館・体育館・図書館・グラウンドほか駐車場が存在した。

[編集]

  • 福山市立女子短期大学には「芦水寮」と称した学生寮が、キャンパスの東側に存在した。そこでは、「七夕会」・「クリスマス会」・「歓送会」などの寮イベントが行われていた。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

社会との関わり[編集]

  • 地域文化を紹介する劇・遊びなどの出前講演による子育て支援と地域理解促進事業を行っていた。

4年制大学移行をめぐって[編集]

  • 福山市は2005年(平成17年)2月、「市立女子短大の在り方検討委員会」を庁内に発足させた。公立短大を取り巻く環境が厳しさを増す中で、四年制移行、現状維持、廃止の選択肢について検討。この日の福山市議会総務委員会で、結果を報告した。短大は、18歳以下の人口減少や女子の4年制への進学志向の高まりを踏まえ、保育士など免許や資格が取得できる一部の学科、専攻を除いて定員確保が困難になると予想。今のまま短大を維持すれば福山市の財政負担も膨らみ、「将来的には廃校の可能性もある」と極めて厳しい見方を示し、早期の4年制大学への改編の検討を開始。
  • 2006年(平成18年)4月、前述の検討会の中間答申を受けて「大学設置準備室」を設置。2007年(平成19年)には「大学設置基本構想検討委員会」を設置し「福山市大学設置基本構想」を策定。 2008年(平成20年)には「大学設置準備委員会」を設置し、設立準備を本格的に開始。
  • 2011年(平成23年)4月、福山市立大学が開学。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

附属学校[編集]

  • 福山市立女子短期大学附属幼稚園:市道を隔てた隣接地に設置されていた。(2011年4月より「福山市立大学附属幼稚園」へ名称変更)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初の在学者数は42人となっている。
  2. ^ 当初の在学者数は34人となっている。