福岡シティ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
キャナルシティ劇場
Canal City Theater
情報
開館 1996年5月19日
開館公演 オペラ座の怪人
客席数 1,144
用途 舞台公演 他
旧用途 劇団四季の専用劇場
運営 福岡地所
所在地 〒812-0018
福岡市博多区住吉一丁目2番1号
キャナルシティ博多
アクセス 福岡市営地下鉄中洲川端駅から徒歩約10分
博多駅から循環バスで約7分
公式サイト キャナルシティ劇場(キャナルシティ博多公式サイト内)
  

キャナルシティ劇場(キャナルシティげきじょう)は、福岡県福岡市博多区複合商業施設キャナルシティ博多」のシアタービル最上階に位置する劇場

目次

概要

1996年劇団四季初の専用常設劇場として開館した。これまで「オペラ座の怪人」、「キャッツ」、「ライオンキング」、「美女と野獣」などを上演。客席数は1,144席。

キャナルシティのディベロッパーである福岡地所の親会社が福岡シティ銀行であり、誘致の中心となったことから、その名がつけられた。現在は同行を引き継いだ西日本シティ銀行と、西日本新聞社が劇場の運営に深くかかわる。かつてはRKB毎日放送も加わっていたが、四季側が特定のマスメディアに偏ることに危惧を感じたせいか、現在は一歩引いており、その分、NHK福岡放送局を含めた他の在福放送局でも以前に比べ宣伝露出が増えている。

2006年にはディズニーミュージカルの「アイーダ」の国内第3の上演地となった。

専用契約解除へ

近年は入場者が伸び悩み、赤字が続いていたこともあり、運営会社のCEO役でもある浅利慶太2010年1月26日に記者会見を開き、同年3月いっぱいで専用劇場契約を解除することを発表した。その翌年の九州新幹線鹿児島線全線開業についても集客力向上には必ずしもつながらないとの見方を示した。なお、劇団四季は公式サイトに於いて浅利の会見内容をそのまま掲載した。

しかし上記の発表後、公演の継続を望むメールが500通寄せられたことから、2010年2月7日に再度記者会見を開き8月まで公演を延長することになった。だが、2010年4月23日の記者会見で公演継続企画として実施していた「クレイジー・フォー・ユー」の入場率が予想の70%を下回り57.8%になったことや、「エビータ」の前売り状況が思わしくないことから、当初予定していた「春のめざめ」(6-7月開催)および「ファミリーミュージカル」(8月の子ども招待公演)を中止するとともに専用劇場契約の解除を発表し、2010年5月8日の「エビータ」の千秋楽をもって、常設公演を終了した。今後は、年に数ヶ月の地方公演となる予定。

リニューアル

劇団四季の常設公演終了後に、劇団四季以外の舞台にも使用できるように改装を実施。2010年11月30日、劇場名を「キャナルシティ劇場」と改称してリニューアルオープン。プレオープン公演として、長野博佐藤江梨子主演の「りんご 木村秋則物語」を上演。本格オープンは、12月3日から開幕する「カーディガン」(中井貴一市原隼人主演)を上演。[1]

上演作品

沿革

脚注・出典

  1. ^ 福岡の「キャナルシティ劇場」が11月30日にオープン(シアターガイド、2010年10月12日)

今日は何の日(4月3日

もっと見る

「福岡シティ劇場」のQ&A