福岡市文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福岡市文学賞(ふくおかしぶんがくしょう)は、福岡市における文学の普及と振興に資するため、優れた文学活動の功績に対し、広く顕彰することを目的に、昭和45年に創立された。福岡市が主催している[1]。 例年小説短歌俳句川柳の各部門で活躍している人物を表彰しており、夏樹静子片山恭一など、全国的に知られる作家を輩出している。

受賞作一覧 小説部門[編集]

  • 第1回(昭和45年) 白石一郎
  • 第2回(昭和46年) 夏樹静子
  • 第3回(昭和47年) 岩井護
  • 第4回(昭和48年) 井上寛治
  • 第5回(昭和49年) 角田嘉久
  • 第6回(昭和50年) 該当者なし
  • 第7回(昭和51年) 大塚幸男
  • 第8回(昭和52年) 石沢英太郎
  • 第9回(昭和53年) 該当者なし
  • 第10回(昭和54年) 青海静雄
  • 第11回(昭和55年) 河野信子
  • 第12回(昭和56年) 土井敦子
  • 第13回(昭和57年) 北田倫
  • 第14回(昭和58年) 杉本章子
  • 第15回(昭和59年) 佐渡谷重信
  • 第16回(昭和60年) 東野利夫
  • 第17回(昭和61年) 明石善之助
  • 第18回(昭和62年) 岸本みか
  • 第19回(昭和63年) 久丸修
  • 第20回(平成元年) 片山恭一
  • 第21回(平成2年) 吉岡紋
  • 第22回(平成3年) 重松泰雄
  • 第23回(平成4年) 原口真智子
  • 第24回(平成5年) 松本文世
  • 第25回(平成6年) 織坂幸治
  • 第26回(平成7年) 西村聡淳
  • 第27回(平成8年) 持田明子
  • 第28回(平成9年) 高光巳代子
  • 第29回(平成10年) 西田宣子
  • 第30回(平成11年) 杉山武子
  • 第31回(平成12年) 納富泰子
  • 第32回(平成13年) 樋脇由利子
  • 第33回(平成14年) 和田信子
  • 第34回(平成15年) 天谷千香子
  • 第35回(平成16年) 有森信二
  • 第36回(平成17年) 紺野夏子
  • 第37回(平成18年) 貞刈みどり
  • 第38回(平成19年) 鈴木比嵯子
  • 第39回(平成20年) 森禮子
  • 第40回(平成21年) 小河扶希子
  • 第41回(平成22年) 渡邉弘子
  • 第42回(平成23年) 坂口博
  • 第43回(平成24年) 該当者なし
  • 第44回(平成25年) 水木怜
  • 第45回(平成26年) 芝夏子
  • 第46回(平成27年) 相川英輔
  • 第47回(平成28年) 中⼭智幸
  • 第48回(平成29年) 廣橋英子
  • 第49回(平成30年) 二沓ようこ

受賞作一覧 詩部門[編集]

  • 第1回(昭和45年) 滝勝子
  • 第2回(昭和46年) 境忠一
  • 第3回(昭和47年) 山本哲也
  • 第4回(昭和48年) 柴田基典
  • 第5回(昭和49年) 片瀬博子
  • 第6回(昭和50年) 高松文樹
  • 第7回(昭和51年) 江川英親
  • 第8回(昭和52年) 崎村久邦
  • 第9回(昭和53年) 石村通泰
  • 第10回(昭和54年) 山口要
  • 第11回(昭和55年) 野田寿子
  • 第12回(昭和56年) 清水ゑみ子
  • 第13回(昭和57年) 麻田春太
  • 第14回(昭和58年) 有田忠郎
  • 第15回(昭和59年) 金子秀俊
  • 第16回(昭和60年) 龍秀美
  • 第17回(昭和61年) 福間明子
  • 第18回(昭和62年) 坂田燁子
  • 第19回(昭和63年) 今村嘉孝
  • 第20回(平成元年) 該当者なし
  • 第21回(平成2年) 古賀博文
  • 第22回(平成3年) 吉田まり子
  • 第23回(平成4年) 荒木力
  • 第24回(平成5年) 月岡祥朗
  • 第25回(平成6年) 羽田敬二
  • 第26回(平成7年) 鈴木薫
  • 第27回(平成8年) 松田軍造
  • 第28回(平成9年) 吉貝甚蔵
  • 第29回(平成10年) 樋口伸子
  • 第30回(平成11年) 田中圭介
  • 第31回(平成12年) 渡辺玄英
  • 第32回(平成13年) 岡たすく
  • 第33回(平成14年) 上野眞子
  • 第34回(平成15年) 石川敬大
  • 第35回(平成16年) 井本元義
  • 第36回(平成17年) 片桐英彦
  • 第37回(平成18年) 田島安江
  • 第38回(平成19年) 柿添元
  • 第39回(平成20年) 脇川郁也
  • 第40回(平成21年) 尚泰二郎
  • 第41回(平成22年) 秋山喜文
  • 第42回(平成23年) おだじろう
  • 第43回(平成24年) 該当者なし
  • 第44回(平成25年) 鍋山ふみえ、大原美代
  • 第45回(平成26年) 門田照子、山本美重子
  • 第46回(平成27年) 谷内修三
  • 第47回(平成28年) 井上瑞貴
  • 第48回(平成29年) 坂田トヨ子、前野りりえ
  • 第49回(平成30年) サラ・カイリイ

受賞作一覧 短歌部門[編集]

  • 第1回(昭和45年) 内田さち子、江上栄子
  • 第2回(昭和46年) 白水廣、大野素子
  • 第3回(昭和47年) 田鍋はじめ、鳥巣太郎
  • 第4回(昭和48年) 三上りつよ
  • 第5回(昭和49年) 佐藤秀
  • 第6回(昭和50年) 中野与八郎、吉武俊子
  • 第7回(昭和51年) 山崎正夫恒成美代子
  • 第8回(昭和52年) 酒井直、近藤隆司
  • 第9回(昭和53年) 中村法翠
  • 第10回(昭和54年) 橋本満、山埜井喜美枝
  • 第11回(昭和55年) 澤田藤一郎、音成京子
  • 第12回(昭和56年) 桑原廉靖、松下静祐
  • 第13回(昭和57年) 三宅愛子、桝谷啓市
  • 第14回(昭和58年) 福山喜徳
  • 第15回(昭和59年) 江嶋寿雄
  • 第16回(昭和60年) 久津晃
  • 第17回(昭和61年) 加藤悟
  • 第18回(昭和62年) 朝倉恭
  • 第19回(昭和63年) 藤田潔
  • 第20回(平成元年) 隈智恵子
  • 第21回(平成2年) 本村正雄
  • 第22回(平成3年) 櫻井ツ子
  • 第23回(平成4年) 溝上桓子
  • 第24回(平成5年) 久仁栄
  • 第25回(平成6年) 大野展男
  • 第26回(平成7年) 藤渡由久子
  • 第27回(平成8年) 清水修一
  • 第28回(平成9年) 木原昭三
  • 第29回(平成10年) 青木昭子
  • 第30回(平成11年) 江頭慶典
  • 第31回(平成12年) 原田純子
  • 第32回(平成13年) 諸岡史子
  • 第33回(平成14年) 長野瑞子
  • 第34回(平成15年) 末房長明
  • 第35回(平成16年) 藤野早苗
  • 第36回(平成17年) 桜川冴子
  • 第37回(平成18年) 小島恒久
  • 第38回(平成19年) 福間妙子
  • 第39回(平成20年) 木場君代
  • 第40回(平成21年) 山崎つぎの
  • 第41回(平成22年) 取違克子
  • 第42回(平成23年) 該当者なし
  • 第43回(平成24年) 池野京子
  • 第44回(平成25年) 新谷休呆
  • 第45回(平成26年) 高田明美
  • 第46回(平成27年) 有中房子、中島行矢
  • 第47回(平成28年) 三輪良⼦
  • 第48回(平成29年) 間千鶴子、染野太朗
  • 第49回(平成30年) 山下翔

受賞作一覧 俳句部門[編集]

  • 第1回(昭和45年) 松尾しのぶ、松田洋星
  • 第2回(昭和46年) 古賀寿代、古賀青霜子
  • 第3回(昭和47年) 今村俊三
  • 第4回(昭和48年) 岡部六弥太、林十九楼
  • 第5回(昭和49年) 城谷文城、植木京雛子
  • 第6回(昭和50年) 西本弥生、伊藤てい子
  • 第7回(昭和51年) 一田牛畝、山城寒旦
  • 第8回(昭和52年) 伊藤通明、菊川芳秋
  • 第9回(昭和53年) 笠怡土子、佐々木菁子
  • 第10回(昭和54年) 城内里風、鮫島春潮子
  • 第11回(昭和55年) 林澄山、辻文子
  • 第12回(昭和56年) 小島隆保、平田羨魚
  • 第13回(昭和57年) 的野冷壺人、秦夕美
  • 第14回(昭和58年) 井尾望東
  • 第15回(昭和59年) 山崎冨美子
  • 第16回(昭和60年) 高田律子
  • 第17回(昭和61年) 足立律子
  • 第18回(昭和62年) 藤崎美枝子
  • 第19回(昭和63年) 志摩一平
  • 第20回(平成元年) 坪井芳江
  • 第21回(平成2年) 楢崎六花
  • 第22回(平成3年) 鮫島康子
  • 第23回(平成4年) 一丸文子
  • 第24回(平成5年) 松本ヤチヨ
  • 第25回(平成6年) 柴田佐知子
  • 第26回(平成7年) 野中亮介
  • 第27回(平成8年) 長﨑島星
  • 第28回(平成9年) 木村風師
  • 第29回(平成10年) 北きりの
  • 第30回(平成11年) 大里泰照
  • 第31回(平成12年) 賀来章輔
  • 第32回(平成13年) 朝田魚生
  • 第33回(平成14年) 田代朝子
  • 第34回(平成15年) 尼崎澪
  • 第35回(平成16年) 服部たか子
  • 第36回(平成17年) 松岡耕作
  • 第37回(平成18年) 杜あとむ
  • 第38回(平成19年) 池松幾生
  • 第39回(平成20年) 立石京
  • 第40回(平成21年) 三舩熙子
  • 第41回(平成22年) 池田昭雄、池田守一
  • 第42回(平成23年) 該当者なし
  • 第43回(平成24年) 田代素人
  • 第44回(平成25年) 大里えつを
  • 第45回(平成26年) 中村祐子、馬場公江
  • 第47回(平成28年) 宮崎すみ
  • 第48回(平成29年) 矢田わかな
  • 第49回(平成30年) 田中葉月

受賞作一覧 川柳部門[編集]

  • 第1回(昭和45年) 日下部舟可、龍興秋外
  • 第2回(昭和46年) 安武仙涙、鷹野青鳥
  • 第3回(昭和47年) 島垢吉、高木千寿丸
  • 第4回(昭和48年) 山見都星、大和柳子
  • 第5回(昭和49年) 那津晋介、谷岡不可止
  • 第6回(昭和50年) 中田竹葉子、林千代子
  • 第7回(昭和51年) 吉田四馬路、森真吾
  • 第8回(昭和52年) 土居一亭
  • 第9回(昭和53年) 小野杏子、山見いく子
  • 第10回(昭和54年) 杉原新二、佐々木義雄
  • 第11回(昭和55年) 樋口祐海、武藤端こ
  • 第12回(昭和56年) 早良葉、播磨圭之介
  • 第13回(昭和57年) 江藤けいち、一鬼ふく世
  • 第14回(昭和58年) 末松仙太郎
  • 第15回(昭和59年) 野田はつ
  • 第16回(昭和60年) 近藤ゆかり
  • 第17回(昭和61年) 荒幸介
  • 第18回(昭和62年) 大場可公
  • 第19回(昭和63年) 冨永紗智子
  • 第20回(平成元年) 鷹野五輪
  • 第21回(平成2年) 中尾好郎
  • 第22回(平成3年) 真島十三枝
  • 第23回(平成4年) 森雷音
  • 第24回(平成5年) 板木継生
  • 第25回(平成6年) 藤田菁彦
  • 第26回(平成7年) 松本百子
  • 第27回(平成8年) 野﨑輝俊
  • 第28回(平成9年) 熊谷孝子
  • 第29回(平成10年) 井手典生
  • 第30回(平成11年) 平川店村
  • 第31回(平成12年) 谷川定子
  • 第32回(平成13年) 森志げる
  • 第33回(平成14年) 伊豆丸竹仙
  • 第34回(平成15年) 山田よしこ
  • 第35回(平成16年) 大塚純生
  • 第36回(平成17年) 坂本浩子
  • 第37回(平成18年) 小川清隆
  • 第38回(平成19年) 長崎榮市
  • 第39回(平成20年) 小池一恵
  • 第40回(平成21年) 敷田無煙
  • 第41回(平成22年) 長井すみ子
  • 第42回(平成23年) 該当者なし
  • 第43回(平成24年) 布谷ゆずる
  • 第44回(平成25年) 中村鈴女
  • 第45回(平成26年) 森園かな女
  • 第46回(平成27年) 山口由利子
  • 第47回(平成28年) 植村克志
  • 第48回(平成29年) 河野成子
  • 第49回(平成30年) 藏田康子

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 第46回 福岡市文学賞の受賞者

関連項目[編集]