福岡市立大名小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福岡市立大名小学校
過去の名称 大名尋常小学校
大名男子尋常小学校
大名女子尋常小学校
大名国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 福岡市
設立年月日 1873年明治6年)
閉校年月日 2014年平成26年)3月[1]
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 810-0041
福岡県福岡市中央区大名二丁目6番11号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

福岡市立大名小学校(ふくおかしりつ だいみょうしょうがっこう)は、福岡県福岡市中央区大名二丁目にあった公立小学校

概要[編集]

福岡市内では最古の小学校のうちの一つだったが、郊外への人口流出や少子化等による児童数減少から2014年(平成24年)3月に閉校し、近隣の小中学校と統合され新たな市立の小中連携校として再出発することになった[1]

福岡市の繁華街である天神の西側にあるため、再開発構想「天神ビッグバン」の一環として、福岡市が跡地活用を事業者を公募。2018年3月に優先交渉権者を決める予定である[2]2015年(平成26年)1月29日に「旧大名小学校跡地まちづくり構想検討委員会」の第1回目の会合が開かれ、跡地利用の検討を始めていた[3]

歴史[編集]

交通アクセス[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 斎藤毅(2014年3月27日). “憂楽帳:母校の閉校”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ 旧大名小学校跡地活用の事業者公募の実施について福岡市ホームページ(2017年12月14日閲覧)
  3. ^ 下原知広(2015年1月30日). “旧大名小跡地:構想検討委、15年度の早期に活用方針まとめ”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

関連項目[編集]