福岡市警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

福岡市警察(ふくおかしけいさつ)は、かつて存在した福岡県福岡市自治体警察

概要[編集]

1948年(昭和23年)3月7日の警察法施行に伴い、従来の福岡県警察部が解体され、3月10日に福岡市警察部国家地方警察福岡地区警察署(現・中央警察署)内に設置された[1]。同年7月1日に国家地方警察所属だった博多港警察署を編入し、同月14日からは、福岡市警察局と改称した。1949年(昭和24年)9月には実績を元に管区を東西南北と水上に新編し、警察署を改称して2暑を新設。婦人警官を含む警察吏員の増員やパトカーの配備などで、年々体制も強化された[1]

しかし地方自治体の予算不足や制度の不合理から[1]1954年(昭和29年)、第19回通常国会に自治体警察の廃止を含む新警察法の改正案が提出された。福岡市では福岡市議会治安委員会が中心となり反対運動が起き、広報紙でも警察法案の反対運動を展開した[2]。しかし新警察法は成立したため国家地方警察と自治体警察が廃止。6月29日に約1,000人の関係者による解散式が電気ホールで開催された。7月1日、新たな都道府県警察として福岡県警察が発足したため、福岡市警察も福岡県警察に統合され姿を消した。

組織[編集]

初代本部長・成田文雄(1954年)

1949年(昭和24年)時点

  • 警務部
    • 警務課、教養課、経理課
  • 公安部
    • 警ら課、警備課、公安課
  • 捜査部
    • 第一課、第二課、防犯少年課

警察署[編集]

  • 東警察署 - 東福岡警察署として設置。1949年(昭和24年)9月に改称[1]。統廃合後、東警察署に継承された。
  • 西警察署 - 西福岡警察署として設置。国家地方警察の早良地区警察署と併置された。1949年(昭和24年)9月に改称[1]。統廃合後、西警察署に継承された。
  • 南警察署 - 1949年(昭和24年)9月に新設[1]。統廃合後いったん廃止され、現在の南警察署1974年(昭和49年)4月1日に新設された[3]
  • 北警察署 - 1949年(昭和24年)9月に新設[1]。水上警察署に併置されたが、1951年(昭和26年)2月に庁舎を店屋町4番地に新築移転した。統合後は博多警察署に再改称。
  • 水上警察署 - 1948年(昭和23年)7月1日に博多港警察署として設置。1949年(昭和24年)9月に改称[1]。1953年(昭和28年)2月24に北浜三丁目に庁舎新築移転。統廃合後、博多水上警察署に再改称、現在の博多臨港警察署

犯罪率[編集]

終戦直後の混乱もあって、発足した1948年(昭和23年)だけで管内の犯罪発生件数は2万2,845件、交通違反は1,652件におよび、下記の件数が検挙・送庁されていた[1]

  • 密入国 - 590件
  • 街娼婦 - 1,904件
  • 主食、生鮮食料品など統制品取り締まり - 1,964件
  • 密造酒取り締まり - 4,330件

主な事件[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 「自治体警察と消防」 福岡市総務局・編『福岡の歴史 市制九十周年』 福岡市 1979年 P.244 – 245
  2. ^ 「警察法改正案 反対運動を全市に展開」 福岡市総務課広報係『福岡市政だより』No.41 昭和29年2月5日
  3. ^ 福岡県警察 南警察署の紹介”. 2020年12月27日閲覧。

関連項目[編集]