福岡江川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡江川
Fukuokaegawa.jpg
ふじみ野市福岡新田・富士見川越道路交差部
水系 一級水系 荒川
種別 普通河川
延長 (暗渠化前)約3.6 km
平均流量 -- /s
水源 亀久保神明神社付近(埼玉県)
水源の標高 -- m
河口・合流先 新河岸川(埼玉県)
流域 埼玉県
テンプレートを表示

福岡江川(ふくおかえがわ)は、埼玉県ふじみ野市を流れる荒川水系新河岸川の支流で、普通河川である[1]。。単に江川とも呼ばれる[2]

地理[編集]

福岡江川は、埼玉県ふじみ野市亀久保二丁目(旧入間郡大井町大字亀久保)の亀久保神明神社付近の旧上福岡市飛地(現ふじみ野市南台2丁目飛地[3])の湧水[4]を水源とし、東久保、丸山、駒西、新駒林、駒林を流下し、福岡新田(ふじみ野市運動公園付近)で新河岸川に注ぐ荒川水系の普通河川である[1]。上流部の殆どは暗渠化され、現在は江川緑道として整備されている[5]。暗渠化されていない水宮付近には川底に湧水群が見られ、福岡江川湧水群と呼ばれている[6]。大井中央公民館江川分館(旧江川公民館)にその名が残されている。

治水・利水[編集]

暗渠化され江川緑道と名づけられた福岡江川上流部

江戸時代以前は灌漑の為、田植えの季節に福岡村・福岡新田村・中福岡村の3ヶ村で川を仮に堰止め、水を利用していた。流量が少ないため氾濫はみられなかったが、台風のたびに増水はあった。後に公共下水道雨水幹線となった。1970年代以降、生活排水及び東京エアゾール工業埼玉工場(現在は移転)の工場排水のため水質の汚濁及び悪臭が問題になっていた。1990年代に水宮2番地付近(水天宮橋)から上流が暗渠化され、道路または遊歩道となった。

流域の自治体[編集]

埼玉県

橋梁[編集]

下流から記す。

  • (福岡江川樋管上部)
  • 富士見川越有料道路
  • 谷田橋
  • 八幡橋
  • 水天宮橋
  • 湿気橋
  • 新田橋
  • 土橋
  • 新駒橋
  • 彦兵衛橋
  • 富士見橋
  • 江川橋
  • 平和橋
  • 東武東上線
  • 石塚橋
  • (木橋、1975年頃コンクリート化)
  • (丸木橋、1990年以前に撤去)
  • (木橋)


語源[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京都西北部の中小河川-福岡江川 2009-06-11閲覧。
  2. ^ 上福岡市史編纂委員会・上福岡市教育委員会『まんが 上福岡の歴史 -上福岡市史普及版-』上福岡市、2003年3月、p142。
  3. ^ [1],2009-06-11閲覧。
  4. ^ 旧上福岡市議会平成16年度第1回定例会,2009-06-11閲覧。
  5. ^ 旧上福岡市議会平成13年第3回定例会,2009-06-11閲覧。
  6. ^ 埼玉県の代表的な湧水(環境省HP)2009-09-01閲覧

関連項目[編集]