福岡県立筑豊工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福岡県立筑豊工業高等学校(ふくおかけんりつ ちくほうこうぎょうこうとうがっこう)は、福岡県直方市にあった県立工業高等学校である。

福岡県立鞍手竜徳高等学校(2003年4月開校)に統廃合されて、2005年3月に閉校した。

設置学科[編集]

  • 筑豊鉱山学校本科(大正8年~昭和6年)
  • 同 高等科(昭和6年~昭和9年)
  • 同 別科(大正10年~昭和5年、昭和9年~昭和13年)
  • 直方石炭鉱技術員養成所(昭和13年~昭和21年)
  • 筑豊鉱山学校普通科(昭和2年~昭和22年)
  • 九州日満工業学校鉱山科、採鉱科(昭和14年~昭和22年)
  • 同 機械科(昭和14年~昭和22年)
  • 同 冶金科(昭和17年~昭和22年)
  • 筑豊鉱山工業学校採鉱科(昭和21年~昭和23年)
  • 筑豊工業高等学校採鉱科(昭和23年~昭和41年)
  • 同 開発工学科(昭和41年~)
  • 同 機械科(昭和27年~)
  • 同 土木科(昭和33年~)
  • 同 電気科(昭和38年~)

沿革[編集]

  • 大正6年に筑豊石炭鉱業組合臨時総会で筑豊鉱山学校の設立を決議
  • 大正8年5月開校、第1回本科生入学
  • 昭和13年直方石炭鉱技術員養成所を附設
  • 昭和14年4月九州日満技術員養成所の設立が許可される
  • 総和19年4月九州日満技術員養成所が工業高校の認可を受け、九州日満工業学校と改名
  • 昭和21年筑豊鉱山工業学校に改名
  • 昭和23年4月校名を筑豊鉱山高等学校に改める
  • 昭和25年4月校名を福岡県立筑豊鉱山高等学校に改める
  • 昭和36年4月校名を福岡県立筑豊工業高等学校に改める

所在地[編集]

  • 〒822-0002 福岡県直方市大字頓野4019-2

交通[編集]

JR九州平成筑豊鉄道直方駅前より、西鉄バス筑豊直方バスセンター発車の行先番号1番・2番・3番系統に乗車し、「筑豊工業高校前」バス停下車。

関連項目[編集]