福岡県道66号桂川下秋月線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
福岡県道66号標識
福岡県道66号 桂川下秋月線
主要地方道 桂川下秋月線
総延長 20.5 km
起点 嘉穂郡桂川町寿命【地図
終点 朝倉市秋月【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0200.svg 国道200号
Japanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道90号標識
福岡県道90号穂波嘉穂線
Japanese National Route Sign 0322.svg 国道322号
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道80号標識
福岡県道80号甘木朝倉田主丸線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

福岡県道66号桂川下秋月線(ふくおかけんどう66ごう けいせんしもあきづきせん)は、福岡県嘉穂郡桂川町土居から朝倉市秋月に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

朝倉市と嘉麻市の間の峠はかつては白坂峠と呼ばれていた。しかし、現在では峠の朝倉側のすぐ先から冷水峠の方へと分岐する福岡県道438号白川桑曲線が開通し、この道の朝倉市と朝倉郡筑前町との境界にある峠の呼称となっている。この白坂峠の嘉麻市側では、遠賀川支流の泉河内川の谷沿いの道が旧道であり、白坂隧道を通り、川の対岸である飯塚市にも入っていたが、嘉麻市側に新しくバイパスが開通し、今ではこちらが県道として指定されている。旧道のうち、白坂隧道とそれより朝倉方面への1,727mの区間は土砂崩れの恐れがあるため通行止めとなっており、南京錠の掛けられたフェンスで固く封鎖されている。

なお本道は、江戸時代には秋月から飯塚へ向かう秋月街道の脇道で白坂越と呼ばれていた。嘉麻郡穂波郡(あわせて現在の嘉穂郡)に藩領を持ち、藩外との輸送に遠賀川の水運を活用していた秋月藩の藩政にとっては非常に重要な道であった。秋月藩の参勤交代では八丁峠から秋月街道をまっすぐ小倉まで行くのではなく、この道から長崎街道へと入るルートを通行していた。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

福岡県道66号桂川下秋月線(福岡県朝倉市秋月)
バイパス
  • 福岡県道66号桂川下秋月線(朝倉市秋月)
  • 国道322号 バイパス(朝倉市秋月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]