福岡航太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福岡 航太朗(ふくおか こうたろう、2005年12月22日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士。初段。東京都出身。

経歴[編集]

2005年12月22日、東京都に生まれる。洪清泉の主宰する洪道場で腕を磨いた[1]。小学4年生から6年生の時に韓国への囲碁留学を経験している[1][2]

2014年12月、小学3年生時に出場した第4回こども棋聖戦低学年の部で優勝[3]。2015年8月、4年生時に出場した第36回少年少女囲碁大会では準優勝[4]。2016年12月、5年生時に出場した第6回こども棋聖戦高学年の部で優勝[3]。2017年3月、第20回ジュニア本因坊戦で優勝[5]。その後、日本棋院東京本院の院生となる。

2018年、冬季棋士採用試験本戦で11勝4敗の成績を残し、13勝2敗の豊田裕仁の次点で合格[6]、2019年4月入段。13歳3か月での入段は、日本棋院史上8番目の年少記録[7]

2019年5月13日、第29期竜星戦予選Bで酒井真樹八段に勝利、続けて福井正明九段にも勝利し、公式戦デビューを連勝で飾った[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b 福岡航太朗初段の心の一局(1)「勝てば入段の一局」”. 洪道場の白黒さんぽ あさひてらす (2019年4月4日). 2019年6月22日閲覧。
  2. ^ 菫ちゃんの年上同期2人は闘志燃やす「負けない」”. 日刊スポーツ (2019年3月26日). 2019年6月22日閲覧。
  3. ^ a b 第8回くらしき吉備真備杯こども棋聖戦 大会データ”. 日本棋院. 2019年6月22日閲覧。
  4. ^ 第36回 文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会”. 日本棋院. 2019年6月22日閲覧。
  5. ^ 歴代優勝者”. 花まる学習会杯 ジュニア本因坊戦. 2019年6月22日閲覧。
  6. ^ 平成31年度冬季棋士採用試験 本戦”. 日本棋院. 2019年6月22日閲覧。
  7. ^ 毎日新聞・囲碁によるツイート”. @mainichi_igo (2019年2月12日). 2019年6月22日閲覧。
  8. ^ 福岡航太朗初段、デビュー戦を白星で飾る!2戦目も勝利!【第29期竜星戦予選】”. 日本棋院 (2019年5月13日). 2019年6月22日閲覧。