福岡高速道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

福岡高速道路(ふくおかこうそくどうろ、Fukuoka Expressway)は、福岡県福岡市とその周辺の大野城市太宰府市粕屋町に路線網を有する有料自動車専用道路である。総延長は約56.8 km

福岡都市高速道路(ふくおかとしこうそくどうろ)、福岡高速(ふくおかこうそく)または、福岡都市高速(ふくおかとしこうそく)と言われる事もある。福岡市の地元一般では略して都市高速都市高(としこう)と呼ばれ、道路標識や福岡高速を経由する路線バスにおいても「都市高速 URBAN EXPWY」(道路標識によっては「Urban Expressway」と表記されている場合もある)と(以前は「福岡高速 FUKUOKA EXPWY」と表示されていた)。

福岡北九州高速道路公社建設・管理を行う指定都市高速道路であり、道路法上は福岡市道である。4号粕屋線全線と1号香椎線の一部がアジアハイウェイ1号線に指定されている。また、全線が地域高規格道路福岡都市圏自動車専用道路)の計画路線に指定されている[1]

路線[編集]

福岡高速道路と周辺高速道路のルート図。

福岡高速道路には、以下の路線がある(建設時の路線名基準[2])。

通称名[編集]

2012年7月21日に福重JCTにおいて1号線と5号線の接続部分が開通し、環状路線が完成するのと同時に通称名が付与された。 通称名・区間は下記の通り。案内標識はすべて通称名のものに置き換えられた[3] [4] [5]。6号アイランドシティ線は2021年3月27日に開通した[6]。なお、5号線は全線が環状線の一部となっているため、通称としては用いられていない。

料金[編集]

令和元年10月1日の消費税増税に伴い通行料金が改訂された。

現金車(一般)[編集]

ETC車[編集]

  • 平日昼間(7:00-22:00)
    • 普通車:630円
    • 大型車:1260円
  • 土曜昼間(7:00-22:00)
    • 普通車:590円
    • 大型車:1190円
  • 平日・土曜夜間(22:00-7:00)、日曜/祝日
    • 普通車:560円
    • 大型車:1130円

ETC車 (特定区間:貝塚⇔松島・多の津・粕屋・福岡IC)[編集]

  • 平日昼間(7:00-22:00)
    • 普通車:500円
    • 大型車:1000円
  • 土曜昼間(7:00-22:00)
    • 普通車:470円
    • 大型車:950円
  • 平日・土曜夜間(22:00-7:00)、日曜/祝日
    • 普通車:450円
    • 大型車:900円


※九州道から乗り入れる太宰府IC及び福岡ICではNEXCOの通行料金と福岡都市高速の通行料金を同時に収受するためにクレジットカードの利用ができるが、他の料金所ではETC利用時を除いてクレジットカードの利用ができない。

事業中の路線など[編集]

福岡高速3号線(通称:空港線)を福岡空港へ直結させる福岡空港連絡道路については、現在は環境影響評価の手続きが進められている[7]

特記事項[編集]

都市高速 西公園付近を走行する西鉄バス。ナンバープレート直左に「速度 60」の表示板が付いている。

福岡高速道路では高速バス以外に西鉄バスの一般路線バスが運行されている。通常の路線バス用の車両を使用するために座席ベルトの設備がなく、安全上、環状線・2号太宰府線の本線車道80 km/h制限区間でも60 km/hで走行する。とくに環状線と香椎線においては運行本数が一般道経由の路線よりも多く、朝夕には西鉄バスが高速上で数台並んで走る姿も見られる。昼間でも福岡都心 - シーサイドももち間は時刻表上4分間隔と記載されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]