福島ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
福島ユナイテッドFC
原語表記 福島ユナイテッドフットボールクラブ[1]
呼称 福島ユナイテッドFC
クラブカラー     [2]    [2]    [2]
創設年 2002年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン J3リーグ
クラブライセンス J3
ホームタウン 福島市会津若松市を中心とする福島県全県[2]
ホームスタジアム Fukushima azuma2.JPGとうほう・みんなのスタジアム[2]
収容人数 6,464[2]
運営法人 株式会社AC福島ユナイテッド[2]
代表者 鈴木勇人[2]
監督 日本の旗 松田岳夫
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ
株式会社AC福島ユナイテッド
AC Fukushima United co., ltd.[1]
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 960-0201
福島県福島市飯坂町字筑前7-1[2]
設立 2011年2月1日[3]
業種 サービス業
法人番号 2380001020214 ウィキデータを編集
事業内容 サッカークラブの運営他
代表者 鈴木勇人
資本金 8,400万円 (2020年1月期)[4]
売上高 3億2,500万円 (2020年1月期)[4]
営業利益 ▲3,600万円 (2020年1月期)[4]
経常利益 ▲3,500万円 (2020年1月期)[4]
純利益 ▲3,00万円 (2020年1月期)[4]
純資産 2,400万円 (2020年1月期)[4]
総資産 5,100万円 (2020年1月期)[4]
決算期 1月期
主要株主 東洋ワーク 53.5%
外部リンク fufc.jp
特記事項:2011年2月、株式会社フクシマ・スポーツ・マネジメントより営業譲渡。
テンプレートを表示

福島ユナイテッドFC(ふくしまユナイテッドエフシー、Fukushima United FC)は、日本の福島市会津若松市を中心とする福島県全県をホームタウンとする[2]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。登録チーム名(正式名称)は福島ユナイテッドフットボールクラブである[1][注 1]

概要[編集]

クラブ名のユナイテッド(UNITED)は英語で「結ばれた、団結した、統一した」の意味に由来し、チーム・選手・スタッフ・サポーター、また中通り会津地方浜通りと地方ごとに文化の異なる福島県がひとつになって福島の発展・活性化のために活動していくことを表現している[2]

ホームタウンはJリーグ加盟当初は「福島市を中心とする福島県全県」であった[3] が、2017年5月25日に「福島市・会津若松市を中心とする福島県全県」に変更された[6]

ホームスタジアムはとうほう・みんなのスタジアム、練習グラウンドは福島市十六沼公園サッカー場およびあづま総合運動公園補助陸上競技場である(詳細は#スタジアムを参照)[2]

エンブレムは、チームの力強さと、クラブ・サポーター・市民が"ひとつ"になって夢を叶え、そして戦っていくイメージを表現。「未来に続いていくクラブの活動」を象徴するフェニックスが王冠を被り、福島県の地図が描かれたボールを掴んでいる[1]

歴史[編集]

2002年 - 2007年(福島夢集団JUNKERS・FCペラーダ福島時代)[編集]

2002年4月、エフエム福島のアナウンサーだった横田篤が福島からJリーグを目指す団体として「福島夢集団」を創設[2]2004年4月に「福島夢集団JUNKERS(ユンカース)」を設立。

2005年にはU-18チームを結成、5月に女子バレーボールチームを設立し、「福島夢集団」はNPO法人化した。参入した福島県社会人サッカーリーグ3部(西ブロック)を優勝、翌年の2部昇格を決める。

2006年、福島県リーグ2部を2位(昇格圏内)で終える。12月にFCペラーダ福島東北社会人サッカーリーグ2部、1977年創設)の運営を譲り受け[7]、FCペラーダ福島をトップチーム、ユンカースをセカンドチームとした(なお、ペラーダとはポルトガル語で”ストリートサッカー”を意味する)。

2007年よりFCペラーダ福島として東北リーグ2部南リーグに参加[2]。福島市出身で元湘南ベルマーレ時崎悠が選手兼監督に就任した。また同年には2万3546名の署名の下、ホームタウンである福島市に支援を要請。福島市からの支援文書をもってJリーグ準加盟申請を行うが、この年の承認は先送りとなった[7]。東北リーグ2部南リーグを2位で終える。

2008年 - 2012年(改称後、東北リーグ・JFL)[編集]

2008年2月に運営法人として株式会社フクシマ・スポーツ・マネジメントを設立。クラブ名を現在の「福島ユナイテッドFC」に改称した。監督に齋藤誠が就任。東北リーグ2部南リーグを全勝優勝し、2部北を制した盛岡ゼブラを下して東北リーグ2部優勝を決め、1部昇格を決めた。なお、ユンカースはチーム名を「FCシャイネン福島」に変更し独立した。

2009年、監督に福島県リーグアビラーションから石田学を招聘。初参戦の東北リーグ1部はグルージャ盛岡と得失点1点差の2位で終えた。第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会の2回戦でC大阪に勝利を収めた(3回戦は横浜FMに敗北)。

2010年、元岡山監督の手塚聡が監督に就任。第46回全国社会人サッカー選手権大会でベスト4に入った。第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会は1次リーグで敗退した。なお、同年8月10日に運営資金が約1,000万円不足し、10月に資金がショートする恐れがあると発表した[8]

2011年2月、福島県財界が中心となって新しい運営会社となる株式会社AC福島ユナイテッドが設立された(なお、旧運営会社の株式会社フクシマ・スポーツ・マネジメントは6月に福島地方裁判所より破産手続きの開始決定を受けた[9])。3月、東日本大震災および福島第一原子力発電所事故の不安から多くの選手が退団したため、現役を退きコーチを務める予定だったキム・キス柳原裕が現役に復帰した。福島県内での試合が禁止されたため、他県でホームの試合を開催する事を条件に[注 2]東北リーグの参加を認められた。東北リーグ1部で初優勝した。第35回全国地域サッカーリーグ決勝大会は1次ラウンドで敗退。

2012年、前年で現役を引退した時崎悠が監督に就任する。東北リーグ1部で優勝し連覇を達成、第48回全国社会人サッカー選手権大会は準優勝。第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会も準優勝した、12月16日の日本フットボールリーグ理事会でJFL入会が承認された[11]天皇杯は、2回戦でJ2の甲府、3回戦でJ1の新潟に勝利し、福島県勢初となるベスト16に入った(4回戦でJ2の千葉に敗れた)。なお3回戦の新潟戦における益子義浩の決勝ゴールはSURUGA I DREAM Awardにて表彰された。

2013年湘南と業務提携を結んだ(詳細・湘南ベルマーレ「Jリーグ他クラブとの提携」項参照[12]。初の全国リーグとして挑んだ第15回日本フットボールリーグ(JFL)では18チーム中14位という結果に終わった。天皇杯は2回戦で甲府に敗れた。

9月にJリーグ準加盟クラブとして承認され、11月19日の日本プロサッカーリーグの理事会でJリーグへの入会と、2014年のJ3リーグ参加が承認された[3]

2014年 - (J3)[編集]

2014年
クラブスローガン :「蹴福万来」

監督に栗原圭介が就任。福島市出身の杉山琢也長崎から加入。提携する湘南から河野諒祐柴原誠猪狩佑貴田村翔太安東輝が期限付き移籍で加入した。初参加のJ3リーグは12チーム中7位。天皇杯は1回戦で当時関西リーグに所属していた奈良クラブに敗れた。シーズン終了後、時崎塁時崎悠の弟)が引退。

2015年
クラブスローガン :「Link ~FUFC BURNING 2015~」

栗原体制2年目。福島市出身の茂木弘人神戸から加入。湘南から前田尚輝福岡将太が期限付き移籍で、鳥取から戸川健太などが加入した。リーグ戦は13チーム中7位。天皇杯は1回戦で同じJ3の秋田に敗れた。シーズン終了後、大原卓丈が引退。横野純貴バンコクFC星雄次山口齋藤恵太熊本へ移籍。

2月に「福島市にサッカースタジアムをつくる会」が発足。7月には福島市にサッカースタジアムを整備することを要望するための署名運動を行った。

2016年
クラブスローガン :「Link ~PRIDE OF FUKUSHIMA~」

栗原体制3年目。いわき市出身の渡辺匠横浜FCから加入。清水から高校サッカー選手権得点王の経歴を持つ樋口寛規などが加入した。リーグ戦は16チーム中14位。天皇杯は2回戦で横浜FMに敗れた。シーズン終了後、栗原圭介が監督を退任。戸川健太植村慶野田明弘が引退。

2017年
クラブスローガン :「Link 繋がりタオす」

大分清水で指導歴のある田坂和昭が監督に就任。”密集”をコンセプトにしたパスサッカーを志向するチーム作りを行う。湘南から田村翔太が再び期限付き移籍で、鳥栖から平秀斗などが加入した。7月には湘南から伊藤剛が育成型期限付き移籍で、松本から志知孝明群馬から小牟田洋佑が期限付き移籍で加入した。リーグ戦は17チーム中10位。福島県サッカー選手権大会の決勝でいわきFCに敗れて10年連続の天皇杯出場は成らなかった。シーズン終了後、渡辺匠キム・コンチョンらが引退。川上竜北九州へ移籍。

2018年
クラブスローガン :「繋がりタオす Link FUKUSHIMA STYLE」

田坂体制2年目。湘南から和田響稀神戸から東隼也が期限付き移籍で、山形から宇佐美宏和などが加入した。リーグ戦は17チーム中12位。天皇杯は昨季同様に県予選の決勝でいわきFCに敗れ、2年連続で出場を逃した。シーズン終了後、田坂和昭が監督を退任。石堂和人鴨志田誉平秀斗が引退。田村翔太熊本へ、前田尚輝いわきFCへ移籍した。

12月、ホームゲーム最終戦のセレモニーで代表取締役の鈴木勇人が”2022年問題”としてスタジアム問題を明言した。

2019年
クラブスローガン :「繋がりタオす Link FUKUSHIMA STYLE」

監督に元INAC神戸レオネッサ鳥取などで指導歴のある松田岳夫が就任。湘南からキム・ミンジュン仙台からイ・ユノが期限付き移籍で加入。京都から田村亮介SVホルンから川中健太などが加入した。シーズンの途中にU-17ナイジェリア代表に召集歴のあるオリグバッジョ・イスマイラが加入。リーグ戦は18チーム中11位、個人では武颯が15ゴールを挙げて得点ランキング4位に入る。天皇杯はまたも福島県予選でいわきFCに敗れ、3年連続で出場を逃した。シーズン終了後に武颯富山へ、堀田大暉湘南へ移籍(なお、期限付き移籍からの復帰を除いて福島から湘南への移籍するケースは初となる)。

同年6月4日付で増資を行い、東洋ワーク(仙台市青葉区)の子会社(保有割合:53.5%)となることが発表された[13]

2020年
クラブスローガン :「進化~EVOLUTION~」」

松田体制2年目。時崎悠がトップチームのコーチに就任。湘南から福島隼斗FC町田ゼルビアから渡辺健太が期限付き移籍で加入。

成績[編集]

スタジアム[編集]

ホームスタジアムは福島市にあるとうほう・みんなのスタジアム (とうスタ)[2] である。過去のホームゲーム開催スタジアムは福島ユナイテッドFCの年度別成績一覧#年度別入場者数を参照。

スタジアム問題[編集]

2020年現在、福島県内でJリーグのホームゲームを開催できる唯一のスタジアムはとうスタのみであるが、J3ライセンスにおいて2022年6月までに必要とされている常設の照明設備が整備されていない。そのため、同期日までに基準を満たすよう照明設備を整備するか、他の競技場を改修もしくは新たなスタジアムの建設を行わなければ、2023年以降のJ3ライセンス喪失・Jリーグ退会となる恐れがある[14]

また2015年7月の富山戦後、当時富山の監督を務めていた岸野靖之に芝の状態やロッカールームの設備環境について苦言を呈された。2019年9月にとうスタの芝の状態悪化を理由に、9月29日の岩手戦、10月17日の秋田戦の会場がいずれもJヴィレッジスタジアムへ変更された。

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

カップ戦他[編集]

その他[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  •     赤(ユナイテッドレッド)
  •     黒(ユナイテッドブラック)
  •     黄(ユナイテッドイエロー)

限定ユニフォーム[編集]

  • 2017年 : 桃をイメージしたピンクでカラーリングした期間限定ユニフォームをリリース。『福島が誇る「ふくしまの桃」』を全国にPRする福島県との協同企画となる。桃の出荷時期である夏季期間、及び10月に開催される平塚でのホームゲームにて着用。着用期間は7月、8月開催のホーム・アウェイゲーム4試合(第17節を除く)と平塚開催となる第26節の計5試合になる[15]
  • 2018年 : 2017年と同様、ピンク色の3rdユニフォームを発表。6月17日を皮切りに、夏の5試合を戦うこのユニフォームは、福島の名産品のひとつである桃をモチーフにし、2011年3月11日に発生した東日本大震災・福島第一原発事故に伴う福島県産品への風評の払拭に繋げようという思いで企画。円をグラデーションでデザインすることで、柔らかな桃を表現し、人々が福島の地で繋がり、大きな輪となっていくことをイメージした[16]
  • 2019年 : 第13節(6月22日)から第20節(8月10日)の間、ホーム4試合、アウェイ4試合、計8試合での着用を予定。2017、2018年に引き続き、桃の実や花の色であるピンクや赤、白の濃淡でデザイン。桃のイラストを中心に、円をグラデーションで落とし込み、福島の桃から人々が繋がり、大きな輪になっていくことをイメージしている。シェブロンラインや襟元などには、桃の花である濃い赤紫色を採用した。なお、第13節(6月22日)から第20節(8月10日)の間、背番号の下には「ふくしまプライド。」のロゴが入る[17]
  • 2020年 : 夏季期間のJ3リーグの公式戦で、今年で4年目となる『ふくしまの桃』PRユニフォーム(桃ユニ)を着用することが決定した。より桃のリアルさを追求し、腹部から背面にかけて大きな桃の実をデザイン、襟元や背番号などには、桃の葉をイメージした黄緑色を差し色とした。またこの年は、通常ユニと同じスポンサーロゴを掲出していた前年までとは異なり、「福島ユナイテッドFC農業部パートナー」6社のスポンサーロゴを掲出する[18]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
東邦銀行 TOHO
BANK
2015年 - 通常ユニのみ
2009年はパンツ
(「東邦銀行」表記)
2010年 - 2013年は袖
(「TOHO」表記)
2014年は背中
(「すべてを地域のために 東邦銀行」表記)
鎖骨 全国農業協同組合連合会福島県本部 全農 2020年 - 左側に表記
桃ユニのみ
アイレ ΛIRE 2020年 - 右側に表記
桃ユニのみ
2013年9月 - 2014年は通常ユニ胸
背中上部 東洋ワーク ToYo Work. 2019年6月 - 通常ユニのみ
2019年6月 - 同年12月は「東洋ワーク」表記
ニューメディア NCV
NIKO NIKO CABLE TV
2020年 - 桃ユニのみ
背中下部 zero one zero one 2019年 -[19] 通常ユニのみ
amp amp 2020年 - 桃ユニのみ
福島民報社 福島民報 2014年 - 通常ユニ・桃ユニ双方とも掲出
パンツ ダイユーエイト
福島まちづくりセンター
くらし・宝島
ダイユーエイト
MAX
ふくしま
2020年 - 通常ユニのみ
広栄電設 KOUEI 2020年 - 桃ユニのみ

練習用

移動着

  • JA全農福島

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォーム[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨左 鎖骨右 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2004 THANKS
New Value and High Quality(1st)
サンクスホーム(2nd)
解禁前 - 解禁前 - - hummel
2005
2006
2007 jose.jp
2008 サンクスホーム JOGADOR - A-LINE
2009 -/
福島牛
-/
ふくしま中心街区
ぶらっとWebTV
blattotv.com
-/
JA全農福島
-/
東邦銀行
2010 - JA全農福島 TOHO -/
HYPER
Gaja
2011 HYPER
Gaja
hunmel
2012 UNITEDSPORTSFOUNDATION
ONE WORLD. ONE TEAM.
2013 -/
ΛIRE
-/
Fukushima
福島トヨタ
2014 ΛIRE すべてを地域のために
東邦銀行
福島民報
2015 TOHO
BANK
MUSEE
PLATINUM
2016 Prospect -
2017 -/
ふくしまプライド。
2018 - -
2019 -/
東洋ワーク
-/
zero one
2020 通常ユニ ToYo Work. zero one くらし・宝島
ダイユーエイト
MAX
ふくしま
[20]
桃ユニ - 全農 ΛIRE NCV
NIKO NIKO CABLE TV
amp KOUEI

アカデミー[編集]

  • 福島ユナイテッドFC U-15
  • 福島ユナイテッドFC U-12

脚注[編集]

  1. ^ Jリーグ規約では2016年より登録チーム名が福島ユナイテッドフットボールクラブから福島ユナイテッドFCに変更されている[5]
  2. ^ 実際には最終節のみ喜多方市押切川公園スポーツ広場で開催した[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d クラブ概要”. 福島ユナイテッドFC. 2019年7月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o プロフィール:福島ユナイテッドFC”. 日本プロサッカーリーグ. 2020年8月3日閲覧。
  3. ^ a b c “Jリーグ入会審査(J2およびJ3)結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年11月19日), http://www.jleague.jp/release/article-00005487/ 2016年11月21日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g Jクラブ個別経営情報開示資料(平成31年度)”. 日本プロサッカーリーグ. 2020年8月3日閲覧。
  5. ^ Jリーグ規約2016 第3章Jクラブ p.24
  6. ^ “福島ユナイテッドFCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年5月25日), https://www.jleague.jp/release/post-49013 2017年10月3日閲覧。 
  7. ^ a b クラブ沿革”. 福島ユナイテッドFC. 2017年2月18日閲覧。
  8. ^ 福島ユナイテッドFCが「緊急事態宣言」”. 日刊スポーツ (2010年8月11日). 2017年10月3日閲覧。
  9. ^ 「 平成23年(フ)第88号 」 官報、2011年6月22日、2014年3月28日閲覧
  10. ^ 東北サッカーリーグ2011 -公式記録- 【1部】”. 東北社会人サッカーリーグ. 2012年11月19日閲覧。
  11. ^ “日本フットボールリーグ 新入会チームにつきまして” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2012年12月5日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=534 2014年3月28日閲覧。 
  12. ^ “湘南ベルマーレ・福島ユナイテッドFC 提携会見” (プレスリリース), 湘南ベルマーレ, http://www.bellmare.co.jp/72469 2014年3月28日閲覧。 
  13. ^ “AC福島ユナイテッドの筆頭株主になりました” (プレスリリース), 東洋ワーク, (2019年6月5日), http://www.toyowork-group.jp/news/1334.html 2019年7月29日閲覧。 
  14. ^ 選手の獲得に投資、昨年度1500万円赤字 福島ユナイテッド株主総会福島民友新聞・2017年04月25日 09時31分)
  15. ^ “「ふくしまの桃」PRユニフォーム決定のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2017年6月24日), http://fufc.jp/news_cat/201706241200 2017年6月30日閲覧。 
  16. ^ “風評の払しょくに” (プレスリリース), hummel公式サイト, (2018年6月17日), http://www.ssksports.com/hummel/2018-momo/ 2018年6月27日閲覧。 
  17. ^ “『ふくしまの桃』PRユニフォーム デザイン並びに着用試合のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2019年6月7日), http://fufc.jp/news_cat/201906071405 2019年6月9日閲覧。 
  18. ^ “2020『ふくしまの桃』PRユニフォーム デザイン発表” (プレスリリース), 公式サイト, (2020年6月3日), https://fufc.jp/news/10177/ 2020年6月4日閲覧。 
  19. ^ “株式会社zero one ユニフォームパートナー(背中・裾)決定のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2019年6月9日), http://fufc.jp/news_cat/201906061730 2019年6月9日閲覧。 
  20. ^ ダイユーエイト福島まちづくりセンターの共同掲出

関連項目[編集]