福島九成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福島 九成(ふくしま きゅうせい[1] / くせい[2]1842年天保13年6月[1] - 1914年大正3年)9月12日[3])は、幕末佐賀藩士明治期の陸軍軍人外交官官僚青森県令。通称・栄助、礼助[1]

経歴[編集]

佐賀藩漢学者・福島文蔵の長男として生まれた。藩校弘道館致遠館長崎)で学んだ[3]前山清一郎の従僕に選ばれ戊辰戦争に参加[1]。参謀添役として奥羽を転戦した[3][4]。帰藩後、明治2年(1869年)佐賀藩庁に出仕し大弁務となり軍事部門を担当[1]

明治4年5月17日1871年7月4日)清国へ留学を命ぜられ、1873年9月12日に帰国。1874年2月、陸軍少佐に任官。熊本鎮台在勤を経て、同年4月、台湾蕃地事務都督参謀に転じ、さらに廈門領事を兼務[4]台湾出兵収拾のため北京に赴いた全権弁理大臣・大久保利通のもとで清国政府との交渉で活躍[1]1976年11月、廈門領事専任となるが、1880年7月、厦門領事館廃止となり免官。同年12月、大蔵少書記官に就任[4]

1881年1月、内務少書記官に転任。1882年12月、内務権大書記官となる[4]1883年12月、青森県令に就任。地方行政の経験が浅かったが、古荘嘉門大書記官の補佐を受けて県政を執行した。1886年7月、県令を非職となる[2]1889年7月、非職満期となり退官[5]。その後、実業界に入った[3]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『明治維新人名辞典』841頁。
  2. ^ a b 『新編日本の歴代知事』95頁。
  3. ^ a b c d 『幕末維新大人名事典』下巻、372頁。
  4. ^ a b c d 『百官履歴 下巻』390-393頁。
  5. ^ 「福島九成特旨叙位ノ件」
  6. ^ 『官報』第198号「叙任」1884年2月29日。
  7. ^ 『官報』第1834号「叙任及辞令」1889年8月9日。
  8. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。

参考文献[編集]