福島伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

福島伸一(ふくしま しんいち、1948年1月13日[1] - )は、日本の実業家。

経歴[編集]

長崎県長崎市に5人兄弟の末っ子として生まれる。京都大学法学部卒業後、1971年松下電器産業に入社。労政課課長、人事部部長、取締役を歴任し、パナソニック副社長にまで上り詰める。2009年6月24日関西国際空港代表取締役社長に就任。2012年から2016年まで会長。その後大阪国際会議場社長に就任[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.237
  2. ^ 宇都宮裕一 (2016年6月25日). “新社長に元パナ副社長・福島氏”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20160625/ddn/008/020/020000c 2017年1月18日閲覧。