福島市信夫ヶ丘球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島市信夫ヶ丘球場
Fukushima City Shinobugaoka Baseball Stadium
Fukushima City Shinobugaoka Baseball Stadium1.jpg
施設データ
所在地 福島県福島市古川14-2
座標 北緯37度46分32秒 東経140度29分20秒 / 北緯37.77556度 東経140.48889度 / 37.77556; 140.48889座標: 北緯37度46分32秒 東経140度29分20秒 / 北緯37.77556度 東経140.48889度 / 37.77556; 140.48889
開場 1938年
所有者 福島市
管理・運用者 福島市スポーツ振興公社(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 なし
使用チーム • 開催試合
福島ホープス (2015 - )
収容能力
15,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:-m2
両翼:100m
中堅:115.8m

福島市信夫ヶ丘球場(ふくしまししのぶがおかきゅうじょう)は、福島県福島市古川にある野球場

概要[編集]

1938年昭和13年)完成。1989年平成元年)に改築をうけた。背後に松川が流れ、外野の一部は土手に食い込む構造になっている。通常このような運動施設は水害の時期に避難所などに利用されるが、場所柄、水害時には2m以上水没するとされるため指定されていない。

福島県営あづま球場(30000人収容、1986年昭和61年)完成)が完成するまでは福島県内で指折りの球場で高校野球の聖地とされていた。

1948年から1954年にはプロ野球公式戦も開催された記録があり、1954年8月8日に東京巨人軍洋松ロビンズダブルヘッダーが行われている[1][2]

2015年からベースボール・チャレンジ・リーグに加盟した福島ホープスが公式戦を開催していた(2015年は3試合、2016年は1試合)が、2017年以降は開催されていない。

施設概要[編集]

  • 両翼100m、中堅115.8m
  • 照明:無し
  • スコアボード:パネル式
  • 収容人員:15000人

近隣[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1954年巨人軍勝敗表 my favorite giants
  2. ^ なお、1965年3月28日の大洋-阪急などオープン戦はその後も行われている。