福島市消防本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島市消防本部
Fukushima City Fire Department.JPG
情報
管轄区域 福島市全域
管轄面積 746.43km2
職員定数 258人
消防署数 3
分署数 2
出張所数 3
所在地
福島市天神町14番地25号
リンク 福島市消防本部
テンプレートを表示

福島市消防本部(ふくしまししょうぼうほんぶ)は、福島県福島市の消防部局(消防本部)である。

沿革[編集]

  • 1965年(昭和40年)
8月9日:伊達郡桑折町と消防相互応援協定を締結
8月20日:伊達郡伊達町、伊達郡川俣町と消防相互応援協定を締結
8月25日:伊達郡保原町と消防相互応援協定を締結
9月15日:伊達郡霊山町と消防相互応援協定を締結
  • 1967年(昭和42年)2月3日:二本松市と消防相互応援協定を締結
  • 1971年(昭和46年)11月:庁舎落成に伴い、119番及び指令回線を集中管理した消防緊急指令装置を設置
  • 1973年(昭和48年)9月30日:伊達地方広域消防組合と消防相互応援協定を締結
  • 1974年(昭和49年)2月1日:安達地方広域行政組合と消防相互応援協定を締結
  • 1975年(昭和50年)
4月:東北自動車道開通に伴い県内共通波を整備
8月1日:会津若松地方広域市町村圏整備組合と消防相互応援協定を締結
  • 1981年(昭和56年)4月:救急波を複信方式に変更するため増波し、救急隊と医療機関の直接通話を可能とする 有無線方式の運用を開始
  • 1988年(昭和63年)3月:市波2を増波。飯坂消防署、南出張所、西出張所、東出張所に基地局を開局
  • 1991年(平成3年)
4月1日:福島消防署信夫分署を上鳥渡字寺北地内に開署し、同日より救急業務を含め業務を開始
信夫分署開所に伴い遠隔制御装置を付加した基地局を開局
  • 1992年(平成4年)
4月1日:福島消防署において、高規格救急車による救急業務を開始
9月1日:週休2日制(週40時間)を実施
  • 1993年(平成5年)
3月25日:福島市消防訓練センターを上鳥渡字寺北地内に開所
4月1日:通信指令課を新設、総務課に施設の一元管理のための施設管理係を新設、救急救助の体制整備を図るため警防課に救急救助係を新設
6月1日:高度救急業務運用を開始、消防緊急情報システム(II型改)の運用開始。救急トーンを増波し、AVM(車両動態管理)システム運用開始。
  • 1995年(平成7年)
4月1日:高度救急業務の体制確立を図るため福島消防署・飯坂消防署に救急係を新設
12月19日:管内無線不感地帯を解消するため、中継回線を多重無線化した無線基地局を十万劫山に新設。全国共通波1の増波を行なった。
  • 1996年(平成8年)
6月:陸上移動局の一部に全国波2、全国波3増波。
11月11日:仙南地域広域行政組合と消防相互応援協定を締結
  • 1997年(平成9年)2月28日:信夫分署車庫を増設
  • 1998年(平成10年)4月1日:県北一円(3消防本部)の自動車電話・携帯電話等による119番通報の代表消防本部として受信開始
  • 1999年(平成11年)10月1日:福島南消防署を松川町浅川字床ノ窪地内に開署
  • 2000年(平成12年)5月1日:消防ポンプ隊による救命救急活動(愛称:レッドアンビュランス)を開始
  • 2001年(平成13年)5月:消防情報をインターネットWebサイト利用方式により運用開始
  • 2002年(平成14年)7月12日:潜水資器材を配備、水難救助隊を発足
  • 2003年(平成15年)4月1日:消防本部に消防救急センターを新設
  • 2004年(平成16年)4月1日:清水出張所を清水分署に格上げ
  • 2006年(平成18年)2月:携帯電話による119番通報を代表消防本部受信方式から、各消防本部が受信する直接受信方式へ移行し運用開始
  • 2008年(平成20年)7月1日:旧飯野町を伊達地方消防組合消防本部へ業務委託
  • 2010年(平成22年)
7月1日:消防指令センター運用開始
統合型位置情報システム、出動車両運用管理装置を導入
消防指令センター運用開始に伴い、基地局、陸上移動局の呼出名称の変更及び一部 に、防災相互波を増設
十万刧中継局に全国波2、全国波3増設。
  • 2013年(平成25年)
2月:十万刧中継局の市波2を停波し、防災相互波を増波
4月1日:消防救急デジタル無線システムの運用開始
デジタル無線整備に伴い活動波1~4、主運用波4、統制波1~3を増波。十万刧中継局の全国2、全国3を停波
置賜広域行政事務組合消防本部と消防相互応援協定を締結
  • 2014年(平成26年)4月1日:高度救助資機材を配備、高度救助隊を発足
  • 2015年(平成27年)
3月27日:飯坂消防署を飯坂町字銀杏地内に移転新築、開署
3月31日:伊達地方消防組合消防本部への飯野地区消防事務委託を廃止

組織[編集]

  • 本部
    • 消防長
    • 消防本部次長
      • 消防総務課:庶務係、施設管理係、消防係
      • 警防課
        • 消防訓練センター
      • 救急課
      • 通信指令課:指令第一係、指令第二係
      • 予防課:予防係、消防設備係、調査係
      • 福島消防署:予防係、警防第一係・第二係、救急第一係・第二係
        • 清水分署:警防第一係・第二係:救急第一係・第二係
        • 西出張所
      • 飯坂消防署:予防係、警防第一係・第二係、救急第一係・第二係
        • 東出張所
      • 福島南消防署:予防係、警防第一係・第二係、救急第一係・第二係
        • 信夫分署:予防第一係・第二係、警防第一係・第二係
        • 杉妻出張所

主力機械[編集]

2006年4月1日現在

消防署[編集]

消防署 住所 分署 出張所
福島消防署 天神町14-25 清水:字堀ノ内13-1 西:上野寺字辻48-2
飯坂消防署 飯坂町字古舘4-4 なし 東:鎌田字一里塚7-3
福島南消防署 松川町浅川字床ノ窪12-2 信夫:上鳥渡字寺北13-1 杉妻:郷野目字東1-4

福島市消防団[編集]

  • 第1方面隊:旧市内(1、2、3、4、5、6分団)、野田町(22分団)
  • 第2方面隊:渡利(7)、杉妻・蓬莱(8)、東部(10、19)、立子山(20)
  • 第3方面隊:信陵、清水、北信地区(9、11、12、13、14、15分団)
  • 第4方面隊:西、土湯温泉地区(16、17、18、21分団)
  • 第5方面隊:飯坂地区(23、24、25、26、27、28分団)
  • 第6方面隊:松川地区(29、30、31、32分団)
  • 第7方面隊:信夫地区(33、34、35分団)
  • 第8方面隊:吾妻地区(37、38、39分団)
  • 第9方面隊:旧飯野町(40、41、42、43分団)