福島春樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島 春樹 Football pictogram.svg
名前
カタカナ フクシマ ハルキ
ラテン文字 FUKUSHIMA Haruki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-04-08) 1993年4月8日(25歳)
出身地 愛知県瀬戸市[1]
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 浦和レッズ
ポジション GK
背番号 25
利き足 左足
ユース
瀬戸NFC
瀬戸市立水無瀬中学校
静岡学園高校
専修大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- 浦和レッズ 0 (0)
2016 ガイナーレ鳥取 (loan) 14 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

福島 春樹(ふくしま はるき、1993年4月8日 - )は、愛知県瀬戸市出身のプロサッカー選手Jリーグ浦和レッズ所属。ポジションはゴールキーパー既婚

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

静岡学園で2011年に全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に準優勝[2][1]、優秀選手に選ばれる[1]。同学年には伊東幸敏長谷川竜也木本恭生がいた[2]

2012年に進学した専修大学では1年目の春からレギュラーに定着し[3]、2014年までの関東大学1部リーグ4連覇に貢献[3]、2013年、2014年と2年連続でリーグベストイレブンに選ばれた[1][3]

2013年にはU-20日本代表に選出され東アジア競技大会で2試合に出場[1]。全日本大学選抜の主将を務めた2014年のデンソーカップチャレンジサッカーでは、GKとして2008年の東口順昭以来となるMVPを受賞した[4]ユニバーシアード日本代表の一員として出場した2015年のユニバーシアードでは銅メダルを獲得[5]

プロ入り後[編集]

2015年1月29日、2016年シーズンからの浦和レッズ加入内定が同クラブより発表された[1][6]。正式加入に先立ち2015年は特別指定選手として同クラブに帯同[7]

2016年に浦和に加入[8]。同年6月27日、J3リーグガイナーレ鳥取への育成型期限付き移籍が発表された。移籍期間は2016年7月1日から2017年1月31日まで[9]。7月3日のJ3第15節グルージャ盛岡戦にてJリーグ公式戦に初出場した。9月7日、天皇杯二回戦大宮アルディージャ戦にてカップ戦初出場した。10月30日に行われたJ3リーグ第27節・ガンバ大阪U-23戦にて負傷し、11月11日に右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷で全治約8カ月の診断と発表された[10]

2016年12月7日、翌シーズンの浦和復帰が発表された[11]

2018年4月4日、ルヴァン杯グループステージサンフレッチェ広島戦で浦和での公式戦初出場。この試合では好セーブを連発し無失点に抑えた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 浦和 28 J1 0 0 0 0 - 0 0
鳥取 39 J3 14 0 - 2 0 16 0
2017 浦和 28 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 0 0 3 0 0 0 3 0
2019 25
通算 日本 J1 0 0 3 0 0 0 0 0
日本 J3 14 0 - 2 0 19 0
総通算 14 0 3 0 2 0 19 0
  • 2015年は特別指定選手
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2016 浦和 28 0 0 -
2017 0 0 0 0
2019 25 -
通算 AFC 0 0 0 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

専修大学
浦和レッズ

個人[編集]

代表・選抜歴[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 福島春樹選手 2016シーズン新加入内定のお知らせ”. 浦和レッドダイヤモンズ (2015年1月29日). 2016年7月4日閲覧。
  2. ^ a b 専修大GK福島春樹、順天堂大FW長谷川竜也、福岡大MF木本恭生…静岡学園OB 3選手が大学からプロ入り”. サッカーキング. フロムワン (2015年8月26日). 2016年7月4日閲覧。
  3. ^ a b c 【浦和】未来の守護神候補を青田買い! 専修大GK福島春樹の2016年新加入を発表”. サッカーダイジェストweb. 日本スポーツ企画出版社 (2015年1月29日). 2016年7月4日閲覧。
  4. ^ [MOM293]全日本大学選抜GK福島春樹(専修大2年)_現G大阪・東口以来となるGKでのMVP獲得!”. ゲキサカ. 講談社 (2014年3月4日). 2016年7月4日閲覧。
  5. ^ 専修大GK福島春樹がユニバーシアードを振り返る「1年8カ月分の想いを乗せて蹴りました」”. サッカーキング. フロムワン (2015年8月6日). 2016年7月4日閲覧。
  6. ^ 浦和“異例の早さ”で発表!専大3年GK福島の来季加入が内定”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2015年1月30日). 2016年7月4日閲覧。
  7. ^ 16シーズン加入内定の専修大GK福島が浦和の特別指定に、背番号は28”. ゲキサカ. 講談社 (2015年2月5日). 2016年7月4日閲覧。
  8. ^ 2016シーズン加入記者会見および新ユニフォーム発表会”. 浦和レッドダイヤモンズ (2016年1月13日). 2016年7月4日閲覧。
  9. ^ 福島春樹 ガイナーレ鳥取へ育成型期限付き移籍のお知らせ”. 浦和レッドダイヤモンズ (2016年6月27日). 2016年7月4日閲覧。
  10. ^ “J3鳥取 GK福島春樹が全治8カ月の重傷 浦和からレンタル移籍中”. スポニチアネックス. (2016年11月11日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/11/kiji/K20161111013703880.html 2016年11月11日閲覧。 
  11. ^ “福島 春樹選手 浦和レッズへ復帰のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2016年12月7日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/35186/ 2016年12月9日閲覧。