福島正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福島 正夫(ふくしま まさお、1906年7月11日1989年12月14日)は、昭和平成期の法制史学者弁護士社会主義法学比較法学・日本近代法制史などの研究において業績を残した。

経歴[編集]

静岡県磐田郡見付町(現在の磐田市)出身。東京府立第五中学校第一高等学校を経て、東京帝国大学法学部法律学科に入る。 穂積重遠末弘厳太郎の指導を受け、1928年には在学のまま高等文官試験行政科に合格。 1929年の卒業後は日本不動産に入社しながら学問を続け、1931年には高等文官試験司法科にも合格し、翌年には弁護士登録を行う。 ところが、1934年治安維持法違反で摘発されたために会社を退社に追い込まれ、同年東京帝国大学大学院に再入学、我妻栄の下で土地法の研究を行う。このとき我妻栄の民法講義の校正・索引作業に携わる[1]1939年には東亜研究所研究員として中国農村慣行調査に参加するが、1941年に兵役に召集され、戦後のソ連への抑留期間を含めて6年間学問の場から離れることになる。 帰国後は法務庁資料課長を務めたり、『日本勧業銀行史』の編纂事業に携わったりするが、1952年東京大学東洋文化研究所講師となり、1961年に東京大学教授、『地租改正の研究』によって1962年には東京大学から法学博士の学位を、1963年には日本学士院賞を授与される。 1967年に東京大学を定年退職すると、早稲田大学法学部に移り、1977年まで在籍した。 1989年に死去するまで、民法学法社会学・法制史・社会主義法学など幅広い分野で研究を続け、実証主義・歴史的・比較法的観点から多くの著書を著した。1965年、1967年、1969年-1976年現代中国学会代表幹事。

著書[編集]

  • 『戦後のソ連社会』白日書院 1949 東洋文化講座 / 東京大学東洋文化研究所
  • 人民公社の研究』御茶の水書房 1960
  • 地租改正の研究』有斐閣 1962
  • 『中国の人民民主政権 その建設と過程と理論』東京大学出版会 1965 東大社会科学研究叢書
  • 『中国の法と政治 中国法の歴史・現状と理論』日本評論社 1966
  • 『日本資本主義と「家」制度』東京大学出版会 1967 東大社会科学研究叢書
  • 『地租改正』吉川弘文館 1968
  • 『朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法』日本評論社 1974
  • 『日本資本主義の発達と私法』東京大学出版会 1988
  • 福島正夫著作集』全9巻 勁草書房、1993-96

共著編著[編集]

  • 『中国の裁判』幼方直吉,長谷川良一共著 東洋経済新報社 1957
  • 『戸籍制度と「家」制度 「家」制度の研究』編 東京大学出版会 1959
  • 『社会主義国家の裁判制度』編 東京大学出版会 1965
  • 『林野入会権の本質と様相 岐阜県吉城郡小鷹利村の場合』潮見俊隆,渡辺洋三共編 東京大学出版会 1966
  • 『「家」制度の研究 資料篇』編 東京大学出版会 1959-67
  • 『家族 政策と法』全7巻 編 東京大学出版会 1975-84 
  • 『日本近代法体制の形成』編 日本評論社 1981-82 
  • 『明治初年地租改正基礎資料 補巻』丹羽邦男共編 有斐閣 1988

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 『現代日本の法思想 福島正夫先生還暦記念』渡辺洋三,利谷信義編 日本評論社 1972

参考文献[編集]

  • 利谷信義「福島正夫」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年)
  • 日本歴史学会 編『日本史研究者辞典』(吉川弘文館、1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 『民法講義Ⅳ』序