福島滋雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島 滋雄 Swimming pictogram white.svg
国籍 日本の旗 日本
泳法 背泳ぎ
生年月日 (1943-01-02) 1943年1月2日
没年月日 (1998-06-01) 1998年6月1日(55歳没)
身長 181cm
体重 75kg
 
獲得メダル
アジア競技大会
1966 バンコク 200m背泳ぎ
テンプレートを表示

福島 滋雄(ふくしま しげお 1943年1月2日 - 1998年6月1日)は、日本競泳選手。

経歴[編集]

1960年度(昭和35年度)に日本大学豊山高等学校を卒業[1]日本大学に進学した。1962年に重松盛人、佐藤好助、藤本達夫との440ヤードメドレーリレーで4分11秒0の世界新記録、220ヤード背泳ぎでも2分16秒1の世界新記録を樹立、その年の朝日スポーツ賞に選ばれている[2]

1964年の東京オリンピックの200m背泳ぎで決勝では、アメリカトリオに食い下がりタッチの勝負に持ち込み東京大会における競泳の初メダルと思われたが、長い写真判定の末4着に敗れた(2分13秒2)。中島功、石川健二、岡部幸明との400mメドレーリレーでは5位となった[3]

1966年のバンコクアジア競技大会の200m背泳ぎでは金メダルを獲得した。

日本選手権水泳競技大会の200m背泳ぎでは1962年から1968年まで7年連続で優勝[4]、100m背泳ぎでも1963年、1964年と優勝している[5]

1966年に完成した川越高等学校のプール開きに同じく東京オリンピックに出場した木原光知子らと招待されている[6]

1967年に完成した板橋区立小豆沢体育館50mプールの開場式でデモを行った[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリンピック出場者”. 日本大学豊山中学校・高等学校. 2012年7月28日閲覧。
  2. ^ 朝日スポーツ賞(1974~1929年度)”. 朝日新聞. 2012年7月28日閲覧。
  3. ^ 東京オリンピック日本代表選手入賞者一覧”. 日本オリンピック委員会. 2012年7月28日閲覧。
  4. ^ 第88回日本選手権水泳競技大会 男子 200m 背泳ぎ”. 日本水泳連盟 (2012年). 2012年7月28日閲覧。
  5. ^ 第88回日本選手権水泳競技大会 男子 100m 背泳ぎ”. 日本水泳連盟 (2012年). 2012年7月28日閲覧。
  6. ^ 沿革”. 川越高校水泳部OB会. 2012年7月28日閲覧。
  7. ^ 沿革 (PDF)”. 板橋区水泳連盟. 2012年7月28日閲覧。

関連項目[編集]