福島玄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島 玄一 Football pictogram.svg
名前
カタカナ フクシマ ゲンイチ
ラテン文字 FUKUSHIMA Genichi
基本情報
生年月日 1911年4月6日
出身地 宮城県
没年月日 1994年(満83歳没)
ユース
東京府立第五中学校
19xx-1933 日本歯科医学専門学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
第一生命保険
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

福島 玄一(ふくしま げんいち、1911年4月6日 - 1994年)は、宮城県出身の歯科医師、サッカー選手サッカー審判員。 

経歴[編集]

東京府立第五中学校(現:東京都立小石川中等教育学校)でサッカーを始め、日本歯科医学専門学校(現:日本歯科大学)でもサッカー部に入部。1933年に大学を卒業し以降も第一生命保険などでプレーした。

1936年の全日本蹴球選手権大會(第16回天皇杯全日本サッカー選手権大会)で線審を務め以降、日本サッカー協会の審判員として活動を続けた。1958年からは国際審判員としてAFCユース選手権や1964年の東京オリンピックで主審を務めた。1969年には国際Aマッチ10試合以上の条件をクリアし、国際サッカー連盟(FIFA)から日本人初の審判特別功労賞(FIFA Referees’Special Award)を受賞した。

1965年からは審判委員長を務め、審判委員会の設置や審判制度の確立に尽力、後進の指導や育成に貢献。1984年には文部大臣より体育功労者表彰を受賞した。

1994年に死去、享年83。2006年に日本サッカー殿堂に選出された。

審判歴[編集]

  • 1958年-1970年 国際審判員。
  • 1961年 第5回FIFA審判研修会(フィレンツェ)出席
  • 1969年 FIFA審判特別功労賞受賞。
  • 1965年-1971年 JFA審判委員長
  • 関東協会審判統制委員長、
  • 日本サッカー審判協会副会長

関連項目[編集]