福島県庁舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
福島県庁舎
Fukushima Prefectural Government Office
福島県庁舎
情報
用途 行政庁舎
敷地面積 (本庁舎・西庁舎・北庁舎)38,328.98 m²
建築面積 (本庁舎)4,473.16 m²
延床面積 (本庁舎)22,065.75 m²
階数 (本庁舎)地上5階 
高さ -m
竣工 (本庁舎)1954年8月
所在地 960-8670
福島県福島市杉妻町2番16号
位置 北緯37度45分0.1秒 東経140度28分3.6秒 / 北緯37.750028度 東経140.467667度 / 37.750028; 140.467667座標: 北緯37度45分0.1秒 東経140度28分3.6秒 / 北緯37.750028度 東経140.467667度 / 37.750028; 140.467667
特記事項 本庁舎の時計台高さ=41m
テンプレートを表示

福島県庁舎(ふくしまけんちょうしゃ)は、福島県福島市にある福島県庁が入る庁舎。

概要[編集]

福島城跡地に立地する。 高さ41mの時計塔が特徴である本庁舎のほか、同一敷地内には西庁舎と北庁舎が位置する。西庁舎は完成当時福島県で最も高い建物であった。本庁舎から300mほど北東の平和通り沿いに市内光が丘に移転した福島県立医科大学の建物等を利用した東分庁舎が存在したが、かつて本庁舎内に入居していた福島県警察本部新築移転のために取り壊され、前述の北庁舎が新設され機能が移転された。東分庁舎時代には体育館も設置されていた。本庁舎東隣に知事公舎、旧東分庁舎の更に東、国道4号国道13号舟場町交差点付近に舟場町分館がある。

本庁舎は1954年建設で老朽化も著しいが、東日本大震災が発生し、復興事業に財源を割かなければならないことから、建て替えは見送られ、代わりに41億円かけて耐震改修工事が行われた。この際、アウトフレーム工法を採用し、「日」の字型の本庁舎の中庭部分に、四方の外壁を橋渡しするように鉄骨が組まれたため、外観は損なわないものの、庁舎内から見ると巨大なジャングルジムのようになっている[1]

歴史[編集]

1880年竣工の福島県庁舎
  • 1880年明治13年)10月 - 初代福島県庁舎が完成する。
  • 1938年昭和13年) - 現在の本庁舎の1階部分が完成する[2]
  • 1954年(昭和29年)8月 - 現在の本庁舎が完成する。
  • 1971年(昭和46年)11月 - 現在の西庁舎が完成する。
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東日本大震災により被災。本庁舎の時計塔に倒壊の恐れがあるとして一時的に使用停止となる。
  • 2016年(平成28年)7月 - 東分庁舎に代えて作られた北庁舎が完成する。

周辺施設[編集]

  • 福島市立福島第一小学校
  • 福島市立ふくしま南幼稚園
  • 大原綜合病院
  • 福島県自治会館
  • 財団法人ふくしま市町村建設支援機構

脚注[編集]

  1. ^ 鉄のスパイダーマンの仕業?! 福島県庁に巨大な鉄の蜘蛛の巣出現-その謎に迫る”. 産経新聞. 2021年1月25日閲覧。
  2. ^ 福島県議会における2006年6月23日の安瀬全孝議員による質問が触れている。