福島県立湯本高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島県立湯本高等学校
Yumoto high school.JPG
正門
過去の名称 福島県湯本実科高等女学校
福島県湯本高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 福島県
併合学校 福島県立湯本第二高等学校
設立年月日 1942年4月20日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科・英語科
高校コード 07157K
所在地 972-8322
いわき市常磐上湯長谷町五反田55

北緯36度59分50.6秒 東経140度50分31.1秒 / 北緯36.997389度 東経140.841972度 / 36.997389; 140.841972座標: 北緯36度59分50.6秒 東経140度50分31.1秒 / 北緯36.997389度 東経140.841972度 / 36.997389; 140.841972
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
湯本高校校舎

福島県立湯本高等学校(ふくしまけんりつ ゆもとこうとうがっこう)は、福島県いわき市常磐に所在する県立高等学校

概要[編集]

通称・愛称は「湯高(ゆこう)」。1990年代初頭までは、いわき学区唯一の共学の進学校であった。

近年課外活動が活発化しており、文化部では、吹奏楽部は全日本吹奏楽コンクールで3出休みを除き初出場から第62回大会まで、10大会連続出場を果たし、また、第52回及び第56回で金賞受賞を獲得した。

運動部では、剣道部が男子団体において平成22・23年度全国高校総体大会に連続出場し、平成22年度には全国高校総体男子個人準優勝も果たしている。

また、水泳部が平成23年度国民体育大会水泳競技100m自由形女子個人において準優勝を果たしている。

沿革[編集]

  • 1942年4月20日 - 福島県湯本実科高等女学校として開校。
  • 1943年4月2日 - 福島県湯本高等女学校と改称。
  • 1947年4月1日 - 福島県立湯本高等学校と改称。(男女共学化)
  • 1950年4月1日 - 福島県立湯本第二高等学校(定時制)を併置。
  • 1951年3月31日 - 福島県立湯本第二高等学校を統合。
  • 1962年 - 定時制募集を停止。
  • 1964年 - 旧校舎全焼(現常磐公民館)。
  • 1965年 - 新校舎竣工(現校地)。
  • 1968年 - 体育館竣工。創立25周年式典挙行。
  • 1975年 - さはこ会館竣工。
  • 1987年 - 創立45周年記念行事開催。
  • 1989年 - 英語科設置。
  • 1990年 - 第二体育館竣工。
  • 1991年 - 創立50周年式典挙行。
  • 2001年 - 創立60周年式典挙行。
  • 2011年 - 普通科募集定員40人減、普通科6クラス・英語科1クラスの設置(定員280人)となる。
  • 2012年 - 普通科募集定員40人増、普通科7クラス・英語科1クラスの設置(定員320人)となる。
  • 2013年 - 普通科募集定員40人減、普通科6クラス・英語科1クラスの設置(定員280人)となる。                         
  • 2016年 -普通科に特進クラスが設置される
  • 2017年 - 英語科の募集停止に伴い、定員40名減。普通科6クラスの設置(定員240人)となる。

3.11東日本大震災の影響[編集]

東日本大震災によって校舎3棟(管理棟・特別教室棟・普通教室棟)が大きく被災し、加えて学校への進入路(取り付け道路)が崩落したために教育活動を行う事が出来ない状況となった。

このため、平成23年5月上旬から8月5日までいわき明星大学に全校生徒と全教職員約1,000名が一時移転して、授業や部活動等の教育活動を行った。

その後、平成23年8月下旬に本校グラウンドにプレハブの仮設校舎3棟(県内最大級)が完成した事により、校地に戻って教育活動を再開した。

平成26年3月末までに道路および校舎の復旧が完了したため、校舎での教育活動が再開された。

設置課程[編集]

全日制課程

  • 普通科…6学級(2016~よりその内の1学級は特進クラスとなった)。
  • 英語科1989年設置、2017年募集停止。
    • 県内各地区に語学系・国際系の学科配置に伴い、設置が決定された。
    • 設置当初は2年次より数学・理科の履修が無くなるなど極端な私立文系向けカリキュラム編成であったが、後に国公立大や看護学校等への進学も考慮入れたものに改定された。

進路概況[編集]

部活動[編集]

運動系(14部):剣道、柔道、弓道、卓球、水泳、陸上、テニス(硬式)、ソフトテニス(軟式)、野球、ソフトボール、サッカー、バドミントン、バスケット、バレー

文化系(11部):吹奏楽、文芸、合唱、写真、社会、美術、理科、書道、華道、茶道、ESS(英会話)

交通[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]