福島県道254号長塚請戸浪江線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
福島県道254号標識

福島県道254号長塚請戸浪江線(ふくしまけんどう254ごう ながつかうけどなみえせん)は、福島県双葉郡双葉町から浪江町に至る一般県道である。

路線概要[編集]

  • 起点:双葉郡双葉町大字長塚字寺内前
  • 終点:双葉郡浪江町大字幾世橋字知命寺(知命寺交差点)
  • 総延長:8.627km[1]
    • 実延長:総延長に同じ
  • 路線認定年月日:1959年8月31日[2]

双葉町の中心部である長塚地区にて国道6号から東に分岐し、沿岸部を北上した後に再び内陸部の国道6号へ至る「コ」の字型の線形を描く路線である。

重用区間[編集]

新道・バイパス[編集]

復興シンボル軸
  • 起点:双葉郡双葉町長塚字町東
  • 終点:双葉郡双葉町中野字羽山前
  • 延長:2,100m(全体延長2,900m)
  • 幅員:14.0m(2車線)

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う津波被害からの復興を進めている沿岸部と双葉町中心部、更に福島県道256号井手長塚線を介して常磐自動車道常磐双葉インターチェンジとの円滑な連絡のために、復興シンボル軸として両県道の整備が2016年度より事業化され、2018年11月27日に起工式が行われた。総延長2,900mのうち当県道部は中心市街地の長塚から沿岸部の中野にかけての2,100mであり、すでに存在する町道を活用した新道建設部分で構成される。2022年度の完成を予定している[3]

道路施設[編集]

幾内橋(請戸川
  • 全長:125.21m
  • 幅員:12.02m
  • 竣工:1979年[4]

通過する自治体[編集]

  • 双葉郡双葉町 - 浪江町

接続・交差する道路[編集]

沿線[編集]

  • 請戸漁港
  • 幾世橋郵便局

脚注[編集]

関連項目[編集]