福島県道31号浪江国見線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
福島県道31号標識
福島県道31号 浪江国見線
主要地方道 浪江国見線
起点 双葉郡浪江町地図
主な
経由都市
伊達市
終点 伊達郡国見町地図
接続する
主な道路
(記法)
国道114号標識国道114号
国道399号標識国道399号
国道115号標識国道115号
国道349号標識国道349号
国道4号標識国道4号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

福島県道31号浪江国見線(ふくしまけんどう31ごう なみえくにみせん)は、福島県双葉郡浪江町から伊達郡国見町に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:双葉郡浪江町津島字下谷津
  • 終点:伊達郡国見町藤田
  • 総延長: 65.276 km[要出典]
    • 重用延長:17.599 km[要出典]
    • 実延長:47.677 km[要出典]
    • 未舗装区間:5.669 km[要出典]
    • 自動車交通不能区間:4.248 km[要出典][1]
自動車通行不能区間
  • 伊達市霊山町大字石田 - 伊達市霊山町大字大石[2]

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 大関工区[5](伊達市)
    • 全長660メートル、幅員6.0メートル、歩道を含む幅員7.5メートル。事業費1億7千万円。

重複区間[編集]

道路施設[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

浪江町
  • 国道114号・国道399号 いわき方面(津島字下谷津(起点))
飯舘村
伊達市
自動車交通不能区間
桑折町
  • 福島県道123号保原伊達崎桑折線 伊達市保原町方面(伊達崎字舟場下)
  • 福島県道123号保原伊達崎桑折線 桑折町中心部方面(伊達崎字安貝内)
国見町
  • 国道4号(伊達郡国見町藤田字日渡二(日渡交差点) 終点)

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 道路現況(主要地方道) - 福島県土木部
  2. ^ 福島県の道路2018 - 福島県土木部
  3. ^ 福島県路線図 - 福島県土木部
  4. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  5. ^ 「バイパス待望の開通」福島民報2011年1月23日付
  6. ^ 福島県の橋梁 昭和59年度版 - 福島県土木部

関連項目[編集]