福島県道379号矢祭棚倉自転車道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
福島県道379号標識

福島県道379号矢祭棚倉自転車道線(ふくしまけんどう379ごう やまつりたなぐらじてんしゃどうせん)は、福島県東白川郡矢祭町から棚倉町に至る一般県道。別名「久慈川自転車道」。久慈川に沿う。

路線概要[編集]

  • 起点:東白川郡矢祭町関岡
  • 終点:東白川郡棚倉町棚倉
  • 延長:23 km、うち未供用1 km

道路施設[編集]

新矢祭橋
  • 全長:162.0m
    • 主径間:33.0m
  • 幅員:3.0m
  • 形式:5径間単純PCポステンT桁橋
  • 竣工:1987年
矢祭町関田から向川原に跨がり、一級水系久慈川を渡る。1986年度より大規模自転車道整備事業により建設された。総工費は1億1600万円[1]
塙りんりん橋
  • 全長:134.0 m
    • 主径間:35.3 m
  • 幅員:3.0 m
  • 形式:単純合成鋼鈑桁橋 + H鋼桁橋(計5径間)
  • 竣工:1986年
塙町字台宿から字本町に跨がり、一級水系久慈川を渡る。総工費は7900万円[2]
久慈橋
  • 全長:60.3 m
    • 主径間:29.65 m
  • 幅員:7.5 m (10.2 m)
  • 形式:2径間連続PCホロー桁橋
  • 竣工:1985年
久慈川の河道付替により架替の必要が生じたため、1984年度に当時の国道118号の橋梁工事として事業着手された。当自転車道の区間にあたるために、歩道部分が広く取られている。総事業費は1億1690万円[3]。国道118号棚倉バイパスの開通に伴い車道部分は棚倉町道に移管された。

通過する自治体[編集]

  • 東白川郡

接続・交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]